ニュース
» 2012年02月22日 11時22分 UPDATE

アップル、「iTunes in the Cloud」を日本でもスタート

日本国内で「iTunes in the Cloud」が利用できるようになった。iTunesで購入した楽曲はiCloudを経由してほかの対応端末に自動的に同期される。便利。

[ITmedia]
og_itunes_001.png 日本でもiCloud経由で購入した楽曲の同期が可能になった

 アップルが日本で「iTunes in the Cloud」を開始した。同サービスは2011年10月にリリースされた「iTunes 10.5」で始まったが、日本はこれまで未対応だった。

 iTunes in the Cloudは、iTunesで購入した楽曲などの履歴をiCloud上に保存し、iOS 5を搭載したiPhone/iPad/iPod touchと自動的に同期することで、端末を選ばずにコンテンツを楽しめるサービス。過去に購入したコンテンツも再ダウンロードできる。

 iPhoneのStore設定画面に「ミュージック」が追加され、iTunesのStore環境設定(自動ダウンロード対象ファイル)にも「アプリ」と「ブック」のほか、「ミュージック」が加わっている。

og_itunes_002.jpgog_itunes_003.jpg iTunes側の「自動的にダウンロード」設定。以前はアプリとブックしか利用できなかった

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう