Special
» 2012年02月27日 10時00分 UPDATE

あなたの会社にぴったりのPCを選ぶ方法:Endeavor NB50E/AT990E/NY2200S──「コストパフォーマンスに優れるオフィスPC」徹底対決 (1/2)

オフィスで使うPC、どれを選べばよいか悩んではいないだろうか。今回は、コストパフォーマンスに優れるエプソンダイレクトのオフィス向けモデルから「これから導入するオフィスPC」に向くのはどれか、6つのポイントで評価する。

[PR/ITmedia]
PR

「オフィスPCに求められる条件をすべて満たす」──エプソンダイレクトのオフィス向けPCラインアップ

photo  

 PCはオフィスシーンに必要不可欠な仕事道具だ。

 ただ、実際のビジネスの現場においてどんなPCが最適かを決める──。これは意外に難しい。事務や営業などの業務に導入するオフィスクライアントを想定すると、省スペース、コスト、性能/省電力性、安心感といった要素が浮かび上がるし、ビジネスの生産性を向上させるには一定以上のPCパフォーマンスが必要であることも基本。昨今は性能と同時に省電力性能も無視できない要素だし、オフィスの限られたスペースを考えると、PCも省スペースであることが望まれる。小さいだけでなく、静音性にも優れるPCのほうが業務を快適に進められるのは間違いない。

 そして、オフィスPCは業務の生産性に直結するもの。仮にトラブルが発生しても、その対処に何日もかかるようでは困る。当然、信頼性や安心感といった要素も不可欠だ。

 最後に、これらの条件を満たすものであれば、導入コストはできるだけ安価な方がいい──。

 そんな都合のよい条件を満たすのが、エプソンダイレクトのオフィス向けPCシリーズだ。長年ビジネスPCの製造販売を続けてきていたオフィスPCのスペシャリストだけに、日本のビジネス現場のニーズを熟知し、さまざまなビジネスシーンにフィットするモデルをラインアップする。

 今回はそのラインアップの中から、特にコストパフォーマンスに優れる「Endeavor NB50E」、「Endeavor AT990E」、「Endeavor NY2200S」の3台をピックアップした。これから導入するオフィスクライアントとしてどれが最適か、検証していこう。

省エネ性静音性にも優れたミニデスクトップPC「Endeavor NB50E」

photo Endeavor NB50E(ディスプレイはオプション。写真は18.5型ワイドの「LD18W42S」を用いています)

 パッと見、“DVDドライブ?”と思ってしまうほどの超コンパクトなボディ。それが「Endeavor NB50E」の最大の特長だ。本体サイズは、75(幅)×154(奥行き)×199(高さ)ミリ(スタンド付き・突起部を除く)で、重量も約790グラムしかない。省スペースという要素に関しては、文句なしのモデルだ。兄弟シリーズのEndeavor NP30Sに対し、このEndeavor NB50Eはビジネスシーン向けにカスタマイズできる「BTO対応モデル」となる。基本構成価格は3万3390円だ。

 さらに、オプションの「ディスプレイ一体型キット」(プラス2100円)を利用するとさらに省スペースになる。こちらは超小型の本体を液晶ディスプレイの背面に取り付けて、ディスプレイと一体化して利用できるもの。同じくオプションとして用意するエプソン製の18.5型液晶ディスプレイ「LD18W42S」(プラス9870円)などと一緒に導入するのがオススメだ。本体の省電力性も、最大構成時の消費電力で23.1ワット、通常時8.7ワットと非常に省電力。待機時動作音22デシベルという静音性も大きな魅力だ。

 Endeavor NB50Eの基本システムは、AMD A45 FCHチップセットを中核とするAMDプラットフォームの省電力システムを採用する。今回は、CPUにAMD E-450(1.65GHz)、メインメモリを4Gバイト、データストレージに80GバイトのSSD、OSに、64ビット版Windows 7 Professional(SP1)とするビジネスシーン向けの構成でチェックする。

photo 「ディスプレイ一体型キット」と18.5型液晶ディスプレイ「LD18W42S」を用い、本体を液晶ディスプレイの背面へ設置できる。机上のスペースをより有効に活用できるようになるのがポイントだ

使いやすいベーシックデスクトップPC「Endeavor AT990E」

photo Endeavor AT990E(ディスプレイはオプション。写真は18.5型ワイドの「LD18W42S」を用いています)

 “これぞ典型的なビジネスPC”──。そんなイメージのベーシックなデスクトップPC、それが「Endeavor AT990E」だ。

 ホワイトを基調にしたナチュラルなデザインのスリムタワー型ボディ。「ビジネスPC」と聞いてまず思い浮かべるのはこのタイプだろう。オフィスのどんな現場にあっても違和感はなさそうだ。本体サイズは99(幅)×383(奥行き)×310(高さ)ミリ(スタンド・突起部を除く)、重量は約6.8キロ(基本構成時)となっている。

 基本構成価格は4万740円。2012年3月28日17時まで、Windows 7 Professionalが5250円オフとなる「Pro OSがお得!キャンペーン」が行われている。

 このボディには、エプソンダイレクトのノウハウがさりげなく、ぎっしりと詰め込まれている。電源ボタン1つ見ても、ボディの中央部へ一段奥まって配置することで、手探りでもすぐに分かるようにするとともに、誤操作を防止する工夫がある。また、2基あるUSBポートも間隔を空けて配置している。USBメモリを差そうと思ったら他方のすでに使っている機器と干渉して同時に差せず困った──細かいながらも切実な、ビジネスの現場から寄せられた声を反映したものだ。

 インタフェースの豊富さもビジネス向けである。最近のPCとしては珍しく、シリアルポートとパラレルポートを標準装備するほか、USB 3.0、IEEE1394、増設シリアルポートなど新旧のインタフェースをBTOで追加することも可能となっている。過去のIT資産を生かしたいニーズにも、最新の高速インタフェースを使って生産性を上げたいといったニーズにも対応できる。

 基本システムは、Intel H61 Expressチップセットを中核とするIntel LGA1155プラットフォームを採用している。Endeavorシリーズの中でもBTOでの選択肢が豊富で、かなり柔軟にシステムを構成できる。今回はCPUにCore i3-2120(3.3GHz)、メインメモリ2Gバイト、500GバイトのHDD、DVD-ROMドライブ、32ビット版Windows 7 Professional(SP1)を選択した、ビジネスPCの標準モデルを模した構成で検証する。


コストパフォーマンス抜群のノートPC「Endeavor NY2200S」

photo Endeavor NY2200S

 “エッ、ノートPCなのにこんなに安いの?”──。思わずそんな声を上げてしまうノートPCが「Endeavor NY2200S」だ。最新の基本システムを採用しながら、3万6960円からという低価格を実現する。14型ワイドの液晶ディスプレイを搭載した“ちょっと小さめで扱いやすい”スタイルを特長とし、343(幅)×240(奥行き)×22.8〜33.6(高さ)ミリ(突起部除く)、重量は約2.1キロ、バッテリー動作時間は約5.1時間となっている。Celeronモデルの基本構成価格は3万6960円だ。

 その低価格は、中小企業やSOHO向けにターゲットを絞った「Endeavor Sシリーズ」のコンセプトにより実現している。売れ筋でニーズの多い仕様にほぼ固定化(BTOメニューを少な目に)し、サポート体制を中小企業やSOHO向けに特化することで、初期導入コストをグッと抑えた価格帯を実現したというわけだ。

 とはいえ、基本装備に不満はない。最新のUSB 3.0ポートも標準で搭載している。USB 3.0は、USB 2.0の10倍以上となる最大5Gbpsの高速転送速度を実現する接続インタフェースだ。USB 3.0に対応する外付けHDDなどとの組み合わせで、企画や営業などデータの受け渡しなどが多い業務での生産性向上にも直結するだろう。

 基本システムは、Intel HM65 Expressを中核とするモバイル向けのSandy Bridge(開発コードネーム)システムを採用する。低価格なCeleronモデルと高性能なCore i5モデルの2種類を用意するが、今回はCeleronモデルを評価機とした。主な仕様はCPUがCeleron B800(1.5GHz)、メインメモリ2Gバイト、320GバイトのHDD、スリムスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込)、14型ワイドの液晶ディスプレイ(1366×768ドット表示)、32ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)となっている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:エプソンダイレクト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2012年3月4日

インフォメーション

【期間限定】今だけ8GBまたは16GBメモリーが≪半額≫!快適な動作環境をお得に実現するチャンス♪

関連リンク

超小型デスクトップPC「ST180E」や、ファンレス設計のタッチパネルPC「TD160E」など…。オフィスクライアントPCとしてだけでなく、サイネージや店舗・受付など、さまざまなシーンでご利用いただけます。