連載
» 2012年03月01日 16時30分 UPDATE

5分で分かった気になるアキバ事情:“新世代”が充実してきた2月のアキバ (1/4)

Radeon HD 7000シリーズのミドルレンジやC2ステッピングのSandy Bridge-Eが登場し、最新世代のラインアップが充実した2月。クレバリー各店舗の再編など、街の動きもあった。

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]

Radeon HD 7770/7750は初回から好調、HD 7950は微妙なスタート

og_akibamatome_001.jpg 2月初旬にツートップ秋葉原本店で撮影した、HD 7970/7950カードの価格表

 2月の新製品で反響が大きかったのは、「Radeon HD 7000」ファミリーに属するAMDの新世代GPUを搭載したグラフィックスカードだ。1月初旬デビューのハイエンドGPU「HD 7970」に続き、1月末に1段下の「HD 7950」搭載カードが投入され、2月中旬にはミドルレンジの「HD 7770/7750」カードが各社から一斉に売り出された。

 上位のHD 7970カードとの平均価格差が1万円を切っていたHD 7950は、「ちょっと予算をプラスすればHD 7970カードが買えるので、今の価格だとHD 7950カードを選ぶ人は少ないですね。モノはいいので、価格が落ち着いて、安いカードが4万円を切るくらいになればヒットすると思いますが……」(TSUKUMO eX.)と、上位カードとの価格差がネックとなり、初回の売れ行きは注目度に比例しなかった様子だ。

 一方、1万円台後半のHD 7770カードは登場後まもなく、複数のショップでヒットしていた。ソフマップ秋葉原本館は「HD 6850に匹敵する性能を備えたミドルレンジで、消費電力はピーク時80ワットと断然低く、言うことなしの優等生です」と、ショップからも評価も高い。同時に登場したHD 7750もピーク時電力55ワットで、補助電源不要といったトピックがあり、安定した支持を集めている。価格は1万2000円弱から1万6000円前後だ。

 なお、1月から続くHD 7970カードの人気と、2月中旬からのミドルレンジカードのヒットを受けて、2月半ばからはHD 7950カードの値下げに踏み切るショップも見られるようになっている。ツートップ秋葉原本店は「代理店とは関係なく、ウチ独自の判断で下げました。苦しいですけど、こうでもしないと『おっ』と思ってもらえませんから」と話している。

og_akibamatome_002.jpgog_akibamatome_003.jpgog_akibamatome_004.jpg フェイス秋葉原本店の新製品コーナーに置かれたRadeon HD 7770/7750カード(写真=左)。2月前半に4万円前後の低価格で登場して話題を集めた、VTX3DのHD 7950カード「VX7950 3GBD5-2DH」(写真=中央)。HD 7950カードの値下げを告知するツートップ秋葉原本店のPOP。1月中旬撮影(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう