ニュース
» 2012年03月08日 13時32分 UPDATE

ロジテック、RAID-1対応のWindows Storage Server 2008 R2搭載NAS「LSV-MS2MWG」

ロジテックは、OSとしてWindows Storage Server 2008 R2を導入した小型筐体採用NAS「LSV-MS2MWG」シリーズを発売する。

[ITmedia]
photo LSV-MS2MWGシリーズ

 ロジテックは3月8日、OSとしてWindows Storage Server 2008 R2を導入した小型筐体採用NAS「LSV-MS2MWG」シリーズを発表、3月中旬に販売を開始する。価格は1Tバイト(500Gバイト×2基)モデルが12万円、2Tバイト(1Tバイト×2基)モデルが13万円、4Tバイト(2Tバイト×2基)モデルが14万8000円。

 LSV-MS2MWGシリーズは、OSとしてWindows Storage Server 2008 R2を導入したギガビット接続対応NASで、計2基のHDDを内蔵しミラーリング(RAID-1)をサポートした。

 本体前面にはIPアドレス/サーバ名などを表示できる液晶パネルを装備。またインタフェースとしてUPS接続用のシリアルポートやUSB 2.0ポートなども備えた。本体サイズは120(幅)×166(奥行き)×236.7(高さ)ミリ。

関連キーワード

NAS | ロジテック | Windows Storage Server | RAID


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.