レビュー
» 2012年03月15日 10時00分 UPDATE

「紙の発明」に匹敵するインパクト――新型iPadは、これから奇跡を起こす (1/2)

画素数が一気に4倍になったRetinaディスプレイは、新「iPad」の最大の特徴だ。外観上の変化がないように思えるかもしれないが、この進化は新たな奇跡を起こす、大きな変革だ。

[神尾寿,ITmedia]

 初代iPadの登場は、PCとインターネットの世界にとって革命だった。Appleが“ポストPC”と定めたそれは、人々をPCの前から引き離し、デジタルコンテンツやインターネットを"いつでもどこでも・誰もが使えるもの"に変えた。iPadの登場とその後の浸透は、人々のライフスタイルを一新し、教育の在り方から企業のワークスタイルまで変貌させていったのだ。

Photo 第3世代のiPad

 そして2012年。既報のとおり、iPadの新モデルが発表された。その名は「新しいiPad」。3世代目を示すナンバリングは廃止され、すっぴんの“iPad”という名前に戻った。

 筆者は今回、この新型iPadを発売前に、いち早くじっくりと試す機会を得た。そこで今回はその日常利用のリポートも交えながら、新しいiPadがもたらす価値と、そこにある可能性について考えてみたいと思う。

PhotoPhotoPhoto 新しいiPadは、iPad 2と外観はほとんど変わらない。違いはカメラのレンズ部の大きさくらい。厚さはiPad 2より若干厚くなっている

「目が疲れない」というすごさ

 まずは駆け足で、新型iPadの要点をおさらいしておこう。

 新しいiPadは、デザインは先代の「iPad 2」を踏襲しつつ、「ディスプレイの高解像度化」「A5Xの採用」「フルHDで動画が撮れる500万画素iSightカメラ」「音声入力」「LTE対応 (※ただし現時点では米国・カナダのみ)」の5つのポイントが進化した。

 製品発表時からとりわけ注目されているのが、Appleが「Retinaディスプレイ」と呼ぶ高解像度ディスプレイだ。iPad 2の1024×768ドット表示(132ppi)から、新型iPadでは2048×1536ドット表示(264ppi)になっており、iPad利用時の目からの焦点距離を勘案すると、肉眼では表示画面を構成するピクセルが判別できない。これがAppleが「Retina=網膜」と呼ぶゆえんだ。

 小難しいスペック話はこれくらいにしておいて、実際の新型iPadを触るとどうか。

 これはもう、ため息まじりで「美しい」の一言につきる。スクリーンに写るものすべてがくっきりと鮮やかであり、緻密だ。一見すると、そこにあるものがデジタル表示されたものとは思えない。いわば、「触れる印刷物」だ。今までのスマートフォンやタブレット端末はもちろん、PC、フルHDのデジタルテレビなどすべてのデジタル機器で経験したことのない高精細な美しさなのだ。新型iPadを見た後には、あらゆるデジタル機器の画面が少しくすんで古くさく感じてしまう。そのくらいiPadのRetinaディスプレイのインパクトは大きい。

PhotoPhoto ホワイトモデルがiPad 2、ブラックモデルが新しいiPad

 このRetinaディスプレイのiPadを使い始めると、これまでiPadが積みあげてきたユーザー体験の1つ1つが新鮮な感動に変わる。写真や映像コンテンツ、新聞や電子書籍といった表示クオリティの差が顕著に現れるものはもちろんのこと、ブラウザでWebサイトを見る、Twitterやメールを使う、スケジュールや地図を確認するといった日常利用でもRetinaディスプレイによる感動がはっきりとある。

 そして、このRetinaディスプレイが何よりもすばらしいのは、使っていて「目が疲れない」ことだ。新型iPadのスクリーンを見ることは紙の印刷物を読むかのような感覚であり、これまでスクリーン越しにデジタル情報を見ていた時に感じたあの疲れをまったくといっていいほど感じない。職業柄、自宅には目が疲れにくいEIZO製の24インチWUXGA(1920×1200ピクセル)表示のディスプレイを導入しているが、それと比べても新型iPadの方が目が疲れないのだ。今後、新型iPadのRetinaディスプレイ対応アプリやコンテンツがそろっていけば、この「美しくて、目が疲れない」というメリットはさらに拡大していくだろう。

PhotoPhoto Safariのアイコンを拡大。左が新しいiPad、右がiPad 2
PhotoPhoto Webページの文字を拡大。左が新しいiPad、右がiPad 2

新型iPadで、日常は再び変わる

 Retinaディスプレイを搭載したことより、新型iPadは初代iPad登場以上のパワーで、人々の生活を変革する力を得た。

 それがもっとも顕著なのが「読む」という行為だろう。新型iPadでは日本語フォントの表示能力が紙の印刷物と同等になっており、無理をせずに読むことができる。

Photo iPad用新聞アプリはいくつかあるが、その中でもRetinaディスプレイの恩恵を感じやすかったのが「朝日新聞デジタル」だ。フォントが今までのiPad / iPad 2で読むより格段に読みやすく、紙の新聞のように読めた

 これは新聞アプリを使うと一目瞭然だ。今までは拡大・縮小を繰り返さなければ読めなかったものが、記事の見出し一覧画面でも流し読みすることができる。長い記事を読んで目が疲れることもない。紙の新聞の一覧性や文字の読みやすさを捨てきれなかった人も、新型iPadならば積極的にデジタル版を選べるだろう。

 雑誌やガイドブックなどの電子書籍も、新型iPadで読むとユーザー体験ががらりと変わる。画面を横にして見開き画面でも文字を追うことができ、写真はクリアでとても美しい。

 そして、もっとも大きな変化と可能性を感じたのが、電子コミックである。筆者は「eBook Japan」のアプリを使い、新型iPadで複数のコミックを読んでみたが、その快適さは先代iPad 2とは比べものにならなかった。見開き画面でも吹き出しの中の細かな文字まで潰れることがなく、描かれた細部の線やスクリーントーンの陰影まできちんと表示されている。文庫版コミックを読むのと同じか、それ以上のクオリティで電子コミックが読めるのだ。

PhotoPhoto 新型iPadで地図を確認したところ。iPhone/iPadでよく使う機能の1つだが、これもRetinaディスプレイの威力でとても見やすい。住宅街とかでは特に高解像度の恩恵が感じられる。ブラウザ「Safari」はRetinaディスプレイの恩恵を感じやすいアプリ。特にITmediaのように文字が多くレイアウトが複雑なサイトだと、Retinaディスプレイで拡大しなくても読めてしまうことに感動する
PhotoPhoto Twitterクライアント「Echofon」を使ったところ。まだRetinaに最適化されているわけではないが、それでも文字が見やすくなっている。電子新聞以外では、雑誌や旅行ガイド、レシピ集などもRetinaディスプレイの効果を感じやすい。例えば、女性向け旅行ガイド「ことりっぷ」では高品位な写真やイラストが収録されており、今のままでも新型iPadで読みやすかった

 映像コンテンツも高解像度化の恩恵が分かりやすいものの1つだろう。新型iPadのRetinaディスプレイは家庭用のフルHDテレビ以上の解像度であり、1080pのフルHD映像を楽々と再生できる。むろん、ハードウェアスペックがいくら高くても対応コンテンツがなければ単なるメーカーの自己満足で終わってしまうが、Appleでは新型iPad発売に合わせてiTunes Movie Storeにおいて、段階的に1080p フルHD対応のものを増やしていく方針だ。実際に筆者も子供たちと一緒にフルHD対応の「カーズ2」などを見たが、なめらかで高い質感の映像は圧巻の一言だった。これが自宅はもちろん、移動中の飛行機や新幹線の中、旅行先のホテルでも楽しめるのだ。フルHDの映像コンテンツが、一気に身近なものになるだろう。

PhotoPhoto 新型iPadと同時に発表されたApple TVでも、1080pのiTunes Movie Store 映画配信に対応した。写真のように1080p対応コンテンツでは、その旨の表記がつく。新型iPadに保存してある映画を、Air PlayでApple TVに出力したところ。このようにiTunesのコンテンツはもちろん、iPadで撮影した写真や1080pの動画もApple TV経由でデジタルテレビに表示できる。このような家電連携が、とても簡単にできてしまうのもAppleの強みだろう

 このように高品質・高精細な表示を実現しながら、実利用でiPad特有の"なめらかさ"がまったく損なわれていなかったことも、特筆すべきところだろう。Appleは今回のiPadに新開発の「A5X」チップを搭載。これはCPU部分はデュアルコアだが、グラフィックコアは4つ(クアッドコア)という、表示能力を重視したものだ。さらにiOS側のグラフィックス周りもさらにチューニングが進んであり、表示のなめらかさ・気持ちよさは先代以上のものがあった。

 唯一、気づいた点があるとしたら、iPad 2に比べると利用時に発熱しやすくなっているということ。しかし、これとて“ほんのり温かい”という程度である。一部の防水スマートフォンやタブレットのように明確な熱さを感じて熱暴走が心配になるといったものではない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-