ニュース
» 2012年03月22日 10時00分 UPDATE

カラフルな着せ替えパネルも:ソニー、「Sony Tablet P」に新色のWi-Fiモデルを追加

2画面折りたたみボディのAndroidタブレット「Sony Tablet P」シリーズにWi-Fiモデルが追加された。新色のグレーを採用したほか、付属するmicroSDメモリーカードの容量が16Gバイトに増えている。

[ITmedia]

4月下旬にAndroid 4.0.3アップデートを提供

tm_1203st_01.jpg 「Sony Tablet P」シリーズのWi-Fiモデル「SGPT213JP/H」

 ソニーは3月22日、2画面折りたたみボディのAndroidタブレット「Sony Tablet P」シリーズにWi-Fiモデル「SGPT213JP/H」を追加したと発表した。2012年4月21日に発売する。価格はオープン、実売価格は5万円前後の見込みだ。

 同シリーズは3G+Wi-Fiモデル「SGPT211JP/S」が2011年10月に発売されたが、3G非対応のWi-Fiモデルは初めての投入となる。SGPT211JP/Sと比較して、ボディカラーをシルバーからグレーに、付属するmicroSDメモリーカードの容量を2Gバイトから16Gバイトに変更した。また、3Gに対応しないことで、重量は約372グラムから約356グラムに軽量化し、バッテリー駆動時間は約6.1時間から約6.6時間(Wi-Fi Web閲覧時)に、スタンバイ時間は約120時間から約260時間に延びている。

 プリインストールOSはAndroid 3.2を採用。4月下旬にAndroid 4.0.3を含むシステムソフトウェアアップデートが無償で提供される予定だ。

tm_1203st_02.jpgtm_1203st_03.jpgtm_1203st_04.jpg 新色のグレーは、ガンメタリックのような濃いマット調のグレーだ。ボディカラーがシルバーの3G+Wi-Fiモデルと比較(写真=左)。液晶を閉じた様子(写真=中央)。液晶を開いた様子(写真=右)

 そのほかの仕様は3G+Wi-Fiモデルと変わらない。1024×480ドット表示の5.5型ワイド液晶パネルを上下に2枚搭載し、CPUは1.0GHz駆動のNVIDIA Tegra 2、メインメモリは1Gバイト、ストレージは4Gバイトの内蔵フラッシュメモリとmicroSDメモリーカードスロットを採用する。標準搭載の通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 2.1+EDRだ。

 カメラは有効画素数30万画素の前面カメラと、有効画素数511万画素(“Exmor for mobile”CMOSセンサー搭載)の背面カメラを内蔵。センサー類は3軸加速度センサー、ジャイロセンサー、デジタルコンパス、照度センサー、インタフェースはUSB 2.0 Micro-Bコネクタ(クライアントのみ対応)、ヘッドフォン出力(マイク入力と共用)を備え、モノラルスピーカーとマイクも内蔵する。

 本体サイズは閉じた状態で180(幅)×79(奥行き)×26(高さ)ミリ、開いた状態では180(幅)×158(奥行き)×14(高さ)ミリだ。

オプションの着せ替えパネルもラインアップを拡充

 なお、天面/底面カバーを変更できるオプションの着せ替えパネルには、ゴールド(SGPC1/N)、ブルー(SGPC1/L)、ピンク(SGPC1/P)の3色が追加された。これらも本体と同時発売される予定だ。価格はオープン、実売価格は5000円前後の見込み。既存の着せ替えパネルであるブラックとホワイトは併売となる。

tm_1203st_05.jpgtm_1203st_06.jpgtm_1203st_07.jpg

tm_1203st_08.jpgtm_1203st_09.jpgtm_1203st_10.jpg 天面と底面のカバーを変更できる着せ替えパネル。左からゴールド(SGPC1/N)、ブルー(SGPC1/L)、ピンク(SGPC1/P)

ソニーストア

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.