ニュース
» 2012年03月23日 15時28分 UPDATE

二ノ宮知子氏にOCを教えるあの人も登場:リンクスとGALAXY、販売代理店提携説明会

リンクスインターナショナルは、GALAXY Microsystemsと販売代理店の契約を結び、両社の代表による説明会が行われた。

[長浜和也,ITmedia]

高性能を目指すユーザーに製品を提供するGALAXY Microsystems

 リンクスインターナショナル 代表取締役 川島義之氏は、GALAXY Microsystemsとの販売代理店契約を結ぶまでの経緯を説明した。リンクスインターナショナルは、MSIやAntec、CorsairなどPCパーツベンダーを広く扱っているが、そのなかで、グラフィックスカードのカテゴリーが手薄となっており、そのパートナーとして、グローバル市場で実績のあるGALAXY Microsystemsを選んだと説明した。

 川島氏は、香港にあるGALAXY Microsystemsの本社を訪れ、これまで、リンクスインターナショナルが行ってきた日本市場におけるPCパーツ販売の実績をアピールするとともに、GALAXY Miarosystems製品の日本展開をサポートし、シェア拡大を成功させる手伝いをしていきたいと訴えたという。

 川島氏は、GALAXY Microsystemsについて、ワールドワイドの市場でも人気のあるグラフィックスカードのブランドで、日本市場でもイメージの向上、シェアの拡大を実現して、No.1になるメーカーと確信していると述べた。

 GALAXY Microsystemsの上級副社長のケビン・プーン氏は、日本の自作PCユーザーについて、技術的知識が高く、新しいPCパーツに対して鋭敏な感覚を持っていると述べている。そして、そのようなユーザーに向けて、PCゲーマーやオーバークロッカーを意識した製品でも力を入れていきたいと、日本市場における展開を語った。

 なお、GALAXY Microsystemsをこれまで扱ってきた販売代理店のエムヴィケーとの関係はこれからも継続する。GALAXY Microsystems チャンネルマーケティングマネージャーの東海笑門氏は、製品のカテゴリーと販路がリンクスインターナショナルとエムヴィケーとで異なるため、それぞれの特徴を生かして、ともにパートナーとして協力をお願いしたいと語っている。

kn_linksglxy_01.jpgkn_linksglxy_02.jpg リンクスインターナショナル代表取締役の川島義之氏(写真=左)と、GALAXY Microsystems 上級副社長のケビン・プーン氏(写真=右)

「87 CLOCKERS」OC監修の“あの人”が液体窒素を注ぐ!

 GALAXY Maixrosystemsは、従来からオーバークロック耐性や安定動作を重視しており、そのために特化したオリジナル設計の基板(“白基板”シリーズ)を用意するなど、オーバークロッカーやゲーミングユーザーに向けた製品を用意してきた。

 今回の説明会では、オーバークロッカーのduck氏をゲストとして招き、白基板シリーズでGeForce GTX 560 Tiを搭載する「GTX 560 Ti White Edition」で、液体窒素を使ったオーバークロックの実演を行い、GALAXY Microsystemsのオリジナル基板が、オーバークロック動作時や極度な冷却状態において、安定して動作することを紹介した。

kn_linksglxy_03.jpgkn_linksglxy_04.jpg オーバークロックの実演では、クーラーユニットを外したGTX 560 Ti White Editionが置いてあった。左が第1世代、右が第2世代の「GF PGTX560TI-SPOC/1GD5 WHITE2」で基板レイアウトが異なっているのが分かる(写真=左)。オーバークロックで使ったシステムには、GALAXY Microsystemsが開発中の「OC Panel」を接続していた。GALAXY Microsystemsのグラフィックスカードの一部に専用のインタフェースを設けて接続するデバイスで、駆動電圧などの各種設定をスイッチ類でできるようにする予定だ(写真=右)

kn_linksglxy_05.jpgkn_linksglxy_06.jpg 日本のみならず、世界のオーバークロッカーにその名が知られているトップクラスの技術と経験を持つduck氏(写真=左)は、「事前準備ができていないので」といいながらも、GTX 560 Ti White Editionをコアクロック1371MHz、メモリクロック2300MHzで動かしてしまった(写真=右)。ちなみに、duck氏は、ジャンプ改に連載中の「87 CLOCKERS」で技術監修も務めている。87 CLOCKERSは「のだめカンタービレ」で知られる二ノ宮知子氏の連載コミックで、PCによるオーバークロックをテーマとした、PCユーザーにとっては興味深い内容となっている。2011年6月から連載が始まり、4月10日には単行本も発売する予定だ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう