ニュース
» 2012年04月23日 14時31分 UPDATE

投写画面にペン操作を行える“インタラクティブ機能”搭載プロジェクター発売――ソニー

ソニーは、付属ペンで投写画面への操作を行える超短焦点型プロジェクター「VPL-SW535C」を発売する。

[ITmedia]

 ソニーは、超短焦点投写に対応した液晶プロジェクター「VPL-SW535C」を発表、5月に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は26万円。

photophoto VPL-SW535C

 VPL-SW535Cは、投写面から約42センチの距離から70型の投写を行える超短焦点タイプの液晶プロジェクター。独自の「インタラクティブ機能」を搭載、専用ソフトをPCにインストールすることにより、付属ペンで投写画面への書き込みを行うことができる。ペンは2本付属しており2本同時での書き込みも可能だ。

 表示解像度は1280×800ピクセル。表示スペックは明るさ3000ルーメン(「ランプモード高」時)、コントラスト比2500:1となっている。入力インタフェースはアナログD-Sub/HDMI、S/コンポジットビデオ入力を備える。本体サイズは約384.4(幅)×423.4(奥行き)×122.5(高さ)ミリ、重量は約7.1キロ。

関連キーワード

ソニー | 液晶プロジェクター | ペン | HDMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう