ニュース
» 2012年04月27日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、6万円台からのIvy Bridge搭載スタンダードノート「LuvBook T」

マウスコンピューターは、第3世代Coreプロセッサを標準搭載した15.6型ワイド液晶内蔵ノートPC「LuvBook T」シリーズを発売する。

[ITmedia]
photo LuvBook Tシリーズ

 マウスコンピューターは4月27日、第3世代Coreプロセッサを標準搭載した15.6型ワイド液晶内蔵ノートPC「LuvBook T」シリーズを発表、4月29日0時1分より販売を開始する。

 LuvBook Tシリーズは、最新の第3世代Coreプロセッサを採用したノートPCで、1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵。標準構成により、Core i7-3610QM搭載(光学ドライブ非搭載)の「LB-T510B」、Core i7-3610QM搭載の「LB-T510S」、Core i7-3720QM搭載の「LB-T510X」、Core i7-3820QM搭載の「LB-T510X2」の4タイプをラインアップした。

 メモリはDDR3 4Gバイト〜16Gバイト、HDDは320Gバイト〜1Tバイト、光学ドライブ(LB-T510Bを除く)はDVDスーパーマルチドライブを標準装備。グラフィックス機能はGeForce GT 640Mを利用可能で、統合グラフィックス機能との自動切り替えを行える「Optimus テクノロジ」もサポートした。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。標準構成価格は6万円台〜11万円台となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう