ニュース
» 2012年05月02日 11時00分 UPDATE

2012年PC夏モデル:汎用オールインワンノートに“Ivy Bridge”と“Kepler”──「IdeaPad Y480」

レノボ・ジャパンは、5月2日に14型ワイドディスプレイ搭載ノートPC「IdeaPad Y480」を発表した。CPUとグラフィックスコアに最新規格を採用する。

[ITmedia]

CPUもGPUもストレージも最新規格を採用した!

 レノボ・ジャパンは、5月2日に14型ワイドディスプレイ搭載ノートPC「IdeaPad Y480」を発表した。同日からレノボ・ジャパンのオンラインショッピングWebページで販売を開始する。実売予想価格は11万円前後の見込みだ。

 すでに、2012年1月に発表していたモデルだが、今回登場する機種には、CPUにインテルの第3世代Coreプロセッサー・ファミリー「Core i7-3610QM」(2.3GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.3GHz)を搭載、チップセットはIntel HM76 Expressを採用する。システムメモリの容量は8Gバイトになる。

 さらに、外付けグラフィックスコアに“Kepler”世代のGeForce GT 640M LEを実装する。本体には、JBLが技術協力をしたスピーカーを内蔵するほか、サウンド補正ソフトウェア「Dolby Home Theater」によって、高品質サウンドの実現を図っている。

 本体に搭載するインタフェースには、USB 3.0が2基、USB 2.0が2基、HDMI、そして、6-in-1カードリーダを備える。また、光学ドライブとしてBlu-ray disk(Blu-ray disk書き込み対応)ドライブを内蔵する。データストレージには、容量1TバイトのHDDを搭載するほか、キャッシュメモリとして利用する容量32GバイトのSSDも用意した。

 本体のサイズは345(幅)×239(奥行き)×20(最薄部)ミリで重さは約2.2キロ。標準の6セルバッテリー搭載状態におけるバッテリー駆動時間は約5.4時間としている。

 発表同日からレノボ・ジャパンのオンラインショッピングWebページや全国の量販店で販売を開始。実売予想価格は11万円前後の見込みだ。

kn_lenovoivy_07.jpgkn_lenovoivy_01.jpg IdeaPad Y480のカラーリングはダークグレーとされているが、光の加減によってはダークパープルといった面持ちになる。ヘアラインは縦方向の珍しいパターンになっている

関連キーワード

レノボ | IdeaPad | ノートPC | Kepler | Ivy Bridge | JBL


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.