ニュース
» 2012年05月02日 18時26分 UPDATE

SSD+HDD構成も:ソニー初のUltrabook「VAIO T11/T13」を欧州で発表

ソニーは11.6型/13.3型のUltrabook「VAIO T」シリーズを発表した。バッテリー駆動時間はSSD搭載モデルで約9時間。

[ITmedia]
og_vaiot_001.jpg VAIO T13

 ソニーの欧州法人であるソニー・ヨーロッパは5月2日、同社初のUltrabook「VAIO T」シリーズを発表した。液晶ディスプレイのサイズ違いで、11.6型ワイドの「T11」と13.3型ワイドの「T13」をラインアップしている。

 アルミとマグネシウムで構成された外装のデザインを見ると、2012 International CESに展示されていたものと同じと思われる。日本での展開は不明だ。

 ソニー・ヨーロッパが公開した仕様によると、13型ワイドモデル(VAIO SVT1311M1E)は、CPUにCore i3-2367M(1.4GHz)を採用し、4Gバイトメモリと320GバイトHDDを搭載する。ディスプレイ解像度は1366×768ドット、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000だ。なお、ストレージには、SSDやISRT(Intel Smart Response Technology)に対応したハイブリッド構成(SSD+HDD)を選択することもできる。

og_vaiot_002.jpgog_vaiot_003.jpgog_vaiot_004.jpg エッジにかけて丸みを帯びたフラットなデザインだ。アルミニウム製の天面にヘアライン加工が施されているのが分かる。キーボードは、アイソレーションタイプの6段配列。タッチパッドはジェスチャーに対応する。本体前面には電源/HDDアクセス/ワイヤレスのインジケータが埋め込まれている

 インタフェースは、左側面にUSB 3.0とUSB 2.0を1基ずつ搭載。USB 3.0は電源オフ時でもスマートフォンなどを充電できるUSBチャージ機能付き。右側面は手前からヘッドフォン、SDメモリーカード/MMC/メモリースティックデュオ対応スロット、HDMI出力、アナログRGB出力、有線LANが並ぶ。このほか、xLOUD/Clear Phase対応ステレオスピーカー、液晶上部に131万画素のHD Webカメラ(Exmor for PC)も内蔵する。

og_vaiot_005.jpgog_vaiot_006.jpgog_vaiot_007.jpg 本体左側面/右側面。左側面のUSB 3.0はUSBチャージ機能付き

 OSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)。付属ソフトとして、Adobe Acrobat X Standardをプリインストールする。本体サイズは、323(幅)×226(奥行き)×17.8(高さ)ミリ、重量は1.6キロ。バッテリー時間はSSD搭載モデルで最大9時間となっている。なお、ソニー・ヨーロッパのアナウンスによると、発売日は5月中になるようだ。

関連キーワード

VAIO | ソニー | VAIO Z | CES | モバイルPC | アルミニウム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.