ニュース
» 2012年05月08日 15時27分 UPDATE

ドスパラ、約9万円の第3世代Core i7採用ゲーミングノート「Prime Note Galleria QF655」など2製品

サードウェーブは、スタンダードノートPC「Prime Note Critea」およびゲーミングノートPC「Prime Note Galleria」のラインアップに第3世代Core i7採用モデルを追加した。

[ITmedia]

 PCショップ「ドスパラ」を経営するサードウェーブは5月8日、スタンダードノートPC「Prime Note Critea」およびゲーミングノートPC「Prime Note Galleria」のラインアップに第3世代Core i7採用モデル計2製品「Prime Note Critea DX3」「Prime Note Galleria QF655」を追加、販売を開始した。ともにBTOカスタマイズに対応、標準構成価格はそれぞれ6万9980円/8万9980円だ(ともに税込み)。

photophoto Prime Note Critea DX3(左)、Prime Note Galleria QF655(右)

 Prime Note Critea DX3およびPrime Note Galleria QF655は、それぞれ1366×768ドット表示対応/1920×1080ドット表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したノートPCで、ともにCPUとしてCore i7-3610QM(2.3GHz)を搭載。またゲーミングモデルのPrime Note Galleria QF655は、グラフィックスコアとしてGeForce GT 650M/2Gバイトを利用可能となっている。

 メモリはDDR3 4Gバイト/8Gバイト、HDDは500Gバイト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.