ニュース
» 2012年05月11日 19時45分 UPDATE

いきなりOCモデル大集合:GeForce GTX 670搭載グラフィックスカード、各ベンダーから

NVIDIAが発表したGeForce GTX 670を搭載するグラフィックスカードが、PCパーツベンダー各社から登場した。多くのモデルでオーバークロック設定を採用する。

[ITmedia]

ASUS

 ASUSは、「GTX670-DC2T-2GD5」と「GTX670-DC2-2GD5」を発表した。GTX670-DC2T-2GD5はオーバークロックモデルで実売予想価格は5万円前後。GTX670-DC2-2GD5はリファレンスデザイン準拠の定格モデルで実売予想価格は4万8000円前後。どちらも出荷開始は5月下旬の予定だ。

 クーラーユニットに、熱移動の効率を向上しつつ静音性能も確保したASUSオリジナルの「DirectCU II」を採用する。また、GPU-Zベースのオーバークロックツール「GPU Tweak」を標準で用意。電源回路には「DIGI+VRM」を6+2フェーズ構成で導入して、オーバークロック設定時における安定動作を確保している。

 GTX670-DC2T-2GD5は、コアクロックが1058MHz、Boostクロックは1137MHzに設定している。グラフィックスメモリはGDDR5を2048Mバイト載せ、データ転送レードはDDRで6008Mbps相当になる。映像出力インタフェースはDVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortで構成する。

 GTX670-DC2-2GD5は、コアクロックが915MHz、Boostクロックは980MHzに設定している。グラフィックスメモリはGDDR5を2048Mバイト載せ、データ転送レードはDDRで6008Mbps相当になる。映像出力インタフェースはDVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortで構成する。

kn_gtx670rls_01.jpg GTX670-DC2T-2GD5。GTX670-DC2-2GD5も外観は同じだ

GIGABYTE

 CFD販売は、GIGABYTE「GV-N670OC-2GD」の取り扱いを開始する。出荷開始は5月11日からで、実売予想価格は4万8000円の見込みだ。

 リファレンスデザインから、動作クロックを上げたオーバークロックモデルで、コアクロックが980MHz、Boostクロックは1058MHzに設定している。グラフィックスメモリはGDDR5を2Gバイト載せていて、データ転送レートはDDRで6008Mbps相当だ。映像出力インタフェースに、DVIを2基、HDMI、DisplayPortを備える。

 クーラーユニットには、GIGABYTEが開発した「Triangle Cool Technology」を導入した、3連ファン内蔵の新型WINDFORCE 3Xを採用する。従来の線形構造から放熱効率を障氓゚た三角構造のヒートシンクと、グラフィックスメモリ用の大型ヒートシンク、3本の銅製ヒートパイプを組み合わせている。

kn_gtx670rls_02.jpg GV-N670OC-2GD

MSI

 アスクは、MSI「N670GTX-PM2D2GD5/OC」の取り扱いを開始する。出荷開始は5月11日からで、実売予想価格は5万円前後とみられる。

 リファレンスデザインから、動作クロックを上げて設定したオーバークロックモデルで、コアクロックは965MHz、Boostクロックは1045MHzに設定している。グラフィックスメモリはGDR5を2048Mバイト載せる。データ転送レートはDDRで6008Mbps相当になる。映像出力インタフェースは、DVI-I、DVI-D、HDMI、そして、DisplayPortを備える。

 MSI独自の設定ユーティリティ「Afterburner」に対応しており、動作クロックやグラフィックスカード各部温度の監視に、オーバークロック設定、GPU Boost動作時のクロックオフセット設定、そして、パワーリミットの設定が可能だ。さらに、AndroidデバイスやiOSデバイスからのリモートコントロールにも対応する。

kn_gtx670rls_03.jpg N670GTX-PM2D2GD5/OC

ZOTAC

 アスクは、ZOTAC「ZOTAC GTX670 2GB DDR5」の取り扱いを開始する。出荷開始は5月11日からで、実売予想価格は4万7000円前後とみられる。

 リファレンスデザインに準拠した動作クロック設定で、コアクロックは915MHz、Boostクロックは980MHzとしている。グラフィックスメモリはGDR5を2048Mバイト載せる。データ転送レートはDDRで6008Mbps相当になる。映像出力インタフェースは、DVI-I、DVI-D、HDMI、そして、DisplayPortを備える。

 クーラーユニットなど、外観や主な仕様はNVIDIAが示すリファレンスデザインと共通する。パッケージには、PCゲーム「TrackMania2」の3daysパスなど、エンターティメント関連コンテンツを収録した「ZOTAC Boost Premium」が標準で付属する。

kn_gtx670rls_04.jpg ZOTAC GTX670 2GB DDR5

GALAXY Microsystems

 エムヴィケーは、GALAXY Microsystems「GF PGTX670-OC/2GD5 DUAL FAN」「GF PGTX670/2GD5」の取り扱いを開始する。5月10日から出荷を開始しており、実売予想価格はGF PGTX670-OC/2GD5 DUAL FANが4万7800円前後、GF PGTX670/2GD5は4万5800円前後となる見込みだ。

 GF PGTX670-OC/2GD5 DUAL FANは、クーラーユニットだけでなく、基板もオリジナルで起こしたオーバークロックモデルだ。コアクロックは1006MHzと1GHzを超える。Boostクロックは1058MHzに設定。グラフィックスメモリはGDDR5を2Gバイト載せ、データ転送レートはDDRで6008Mbps相当になる。映像出力インタフェースは、DVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortを備える。

 クーラーユニットは、90ミリ径のファンを2基内蔵し、ニッケルメッキを施したヒートパイプを4本組み込んでいる。なお、外部補助電源コネクタは6ピンと8ピンの構成だ。

 GF PGTX670/2GD5は、リファレンスデザインに準拠した仕様で、コアクロックは915MHz、Boostクロックは980MHzに設定している。グラフィックスメモリはGDDR5を2Gバイト載せていて、データ転送レートは6008Mbpsに相当する。映像出力インタフェースはDVI-I、DVI-D、HDMI、DisplayPortを備える。外部補助電源コネクタは6ピン2基の構成になる。

kn_gtx670rls_05.jpgkn_gtx670rls_06.jpg オリジナルクーラーユニットとオリジナル基板を採用する「GF PGTX670-OC/2GD5 DUAL FAN」(写真=左)と、リファレンスデザインに準拠する「GF PGTX670/2GD5」(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう