ニュース
» 2012年05月14日 11時55分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「2GPUカードの中でも歴代のヒット作になりそう」――GeForce 690&670発進! (1/4)

連休明けのアキバで主役を張ったのは、最強の2GPUと名高いGeForce GTX 690カードだ。そして、GeForce GTX 670カードもすでに潤沢に出回っている。

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「ピーク電力が300ワットなのも見逃せません」――出せば売れる状態のGeForce GTX 690カード

og_akiba_001.jpg GeForce GTX 690カードの入荷を知らせる、ツートップ秋葉原本店のPOP

 先週の初旬、連休明けにNVIDIAのハイエンドGPU「GeForce GTX 690」を搭載したグラフィックスカードが登場した。週末までにPalitやギガバイト、ZOTAC、MSIなど複数社の製品が10万円弱から12万円弱で登場しているが、各ショップの入荷数は少なく、街全体の在庫はごく少数となっている。

 GeForce GTX 690はGTX 680に近い仕様のGPU2つで構成するモデルで、コアクロックは915MHz、メモリクロックは6008MHzとなる。2GPUでCUDAコアは合計3072基あり、搭載カードのメモリはGDDR5が4Gバイトとなる。補助電源は8ピン×2。

 ラインアップとしては、GTX 590の後継といえるが、店頭では従来のデュアルチップモデルよりも高い評価を得ていた。ドスパラ パーツ館は「ベースとなっているGPU本来の性能がちゃんと出るのがポイントです。GTX 680と比べてもコアクロックが若干抑えられてるくらいで、シェーダーはそのままですからね。その2チップが1枚のカードに収まって、カード長も28センチ程度。しかもピーク時の消費電力はGTX 680の2倍の390ワットまでいかず、300ワットに留めているのがすごいです」と語る。

 そうしたハードの優秀さから、発売日から週末まで「入ってきたら即売り切れ状態が続いています」(フェイス秋葉原本店)といった状況が続いているが、好調の背景にはゲーム側の環境が整ってきこともあるらしい。

 PC DIY SHOP FreeTは「海外の人気ゲームはたいてい2GPUに対応していますし、その分の性能の伸びもすごいですからね。スカイリムやシムシティなど、生かせるタイトルはたくさんあります。今回は環境も十分整っていますし、歴代でも最高クラスのヒット作になるんじゃないですかね」と話していた。

 ただし、平均で10万円を超える価格から、パソコンショップ・アークは「人気はハイエンドゲーマーに留まっているので、ある意味でIvy BridgeのSシリーズと同じ状況……需要は大きくないけど、それ以上に供給が追いついていない状況なのかなとみています。どこまで伸びるのか興味はありますけどね」と、慎重な姿勢で見守る。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg ZOTAC「ZT-60701-10P」(写真=左)。ギガバイト「GV-N690D5-4GD-B」(写真=中央)。ドスパラ パーツ館のGTX 690&680価格表(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.