ニュース
» 2012年05月31日 13時45分 UPDATE

27型IPS液晶は三菱初:三菱、27型IPS液晶で国内最速応答のディスプレイ「RDT272WX(BK)」

三菱電機は、27型フルHD液晶ディスプレイ「RDT272WX(BK)」を6月15日に発売する。同社として初めて27型IPSパネルを採用、3.5ms(GTG)の高速応答やスマートフォンとの連携機能が特徴だ。

[ITmedia]
tm_1205rdt272wx_01.jpg 三菱電機の27型フルHD液晶ディスプレイ「RDT272WX(BK)」

 三菱電機は5月31日、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta WIDE」シリーズの27型フルHD対応モデル「RDT272WX(BK)」を発表した。2012年6月15日に発売する。価格はオープン、実売価格は5万円前後。

 マルチメディア用途を想定したフルHD(1920×1080ドット)対応の27型ワイド液晶ディスプレイ。同社としては初めて27型のIPS方式液晶パネルを採用し、2012年5月に発売された23型モデル「RDT234WX(BK)」「RDT234WX-S(BK)」と同様、IPSパネルを採用した液晶ディスプレイにおいて、応答速度は国内最速の3.5ms(GTG)を達成した。2010年11月に発売された「RDT271WV(BK)」(VA方式液晶パネル採用)の後継機にあたる。

 主な特徴はRDT234WX(BK)/RDT234WX-S(BK)と共通だ。ゲームプレイなどに向く“スルーモード”(遅延時間0.1フレーム)を搭載し、リモコンのボタン1つで映像処理によるフレーム遅延時間をOSDに表示できる「フレーム遅延時間表示」機能も備える。超解像技術やエリアコントラストなどの高画質技術をもたらす同社独自の画像処理専用LSI「ギガクリア・エンジンII」も内蔵する。

 スマートフォンとの連携機能も用意。「画面スタイル」機能によって、スマートフォンから入力した映像を縦位置で表示する場合、従来は横位置の子画面の中に表示されていた左右の黒い余白を省き、子画面の枠いっぱいに大きく表示できるようになった。スマートフォンの表示に適した画質モードの「アドバンストDV MODE:モバイル」も搭載し、4つのモードを選べる。

 輝度は250カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1(CROオン時で8000:1)、視野角は上下/左右とも178度、表示色は約1677万色、液晶パネル表面はノングレア、バックライトは白色LEDだ。高透過率のIPS方式液晶パネルを採用することで、消費電力はRDT271WV(BK)の55ワットから約29%削減となる39ワットに抑えた。

 インタフェースはDVI-D×1、アナログD-Sub×1、HDMI×2、およびD端子の映像入力を備えている。音声入力はRCAピンとステレオミニを装備、ヘッドフォン出力と出力3ワット+3ワットのステレオスピーカーも搭載する。製品にはフルリモコン、カラーマネジメントソフト「EASYCOLOR!3」も付属する。

 本体サイズは643(幅)×230(奥行き)×最大444(高さ)ミリ、重量は約6.6キロ。スタンドは上20度/下5度のチルト調整に対応する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう