ニュース
» 2012年06月02日 10時57分 UPDATE

週末アキバ特価リポート:SSD一斉値下げ、120Gバイトクラスは1万円切り (1/2)

6月に入り、複数のショップがいろいろなブランドのSSDを一斉に値下げした。きっかけは諸説あるが、いくつかの120Gバイトクラスが1万円切りしているのは確かだ。

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]

「価格改定説や他店対抗説が混在していますね」――突然お買い得度が上がったSSD

og_akibatokka_001.jpg TSUKUMO eX.の120Gバイト級SSDの価格表。1万円切りのモデルが複数並ぶ

 6月に入った金曜日、アキバのパーツショップではSSDの価格表が刷新される光景がみられた。インテルの「SSD 520/330」シリーズや、プレクスターの「M3 Pro/M3」シリーズ、クルーシャルの「m4」シリーズなどで、前週比1割を超える大幅な値下がりが発生した。各社のエントリーシリーズでは、主力の120〜128Gバイトモデルが1万円前後になるなど、にわかに割安感が高まっている。

 突然の値下げの要因は、「他店対抗のプライスダウンということで上から連絡が来ました」や「代理店レベルで価格改定が入ったみたいです」など、諸説のウワサが飛び交っているが、TSUKUMO eX.のベテラン店員氏は「たぶんどちらの要素もあるんだと思います。もともと最近はSSDが順調に安くなっていましたし、120Gバイト級SSDが街全体で週末特価の目玉に据えられたりしていましたから。そういう下地があったうえで、フッと地盤沈下みたいに一斉値下がりしたんじゃないかなと」と推測していた。

 PC DIY SHOP FreeTが「価格情報の確認が追いつかなくて、朝から本当余裕がない状況です。あまりに突然でちょっと予想は難しかったですよ」と語るとおり、対応に苦労するショップは少なくない。

 一部のショップからは「タイ洪水のときのHDDの混乱を思い出しました」とのコメントも聞かれたが、週末時点では値下げ対象の各モデルの在庫は街全体で潤沢にある。店舗側は大変ながら、高速なストレージ環境を求める人にとってはうれしい週末になりそうだ。

og_akibatokka_002.jpgog_akibatokka_003.jpg PC DIY SHOP FreeTのSSD価格表。後付けの値札がズラリと張られている(写真=左)。人気シリーズの主力が軒並み値下がりした(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.