ニュース
» 2012年06月04日 10時00分 UPDATE

2012年PC夏モデル:CPU、デザインが新しくなった高性能な薄型モバイルノート――「VAIO S」

「VAIO S」の2012年夏モデルはラインアップを集約し、13.3型モデルにカーボン天板のプレミアムモデルを投入する。CPUもIvy Bridge世代に進化するなど、基本性能も向上している。

[池田憲弘,ITmedia]

第3世代Core iシリーズを搭載し、スロットインドライブを採用

photo VAIO Sの15.5型モデル

 薄型軽量ボディが特徴の「VAIO S」2012年夏モデルは、従来と同じく15.5型と13.3型のボディを用意する。春モデルからラインアップを集約し、13.3型モデルにカーボン天板を採用するプレミアムモデルを投入する。

 光学ドライブをスロットインドライブ方式にして剛性を強化し、本体落下などの衝撃からHDDのデータを保護する「VAIO HDDプロテクション」機能はデスクにPCを置いたときの衝撃にも対応するなど、堅牢性にも注力している。このほか、タッチパッドの面積が従来モデルよりも約50%増加し、指がかかりやすいよう本体のエッジ部を丸くするなど、ボディデザインにも変更が加えられた。

 15.5型ワイド液晶ディスプレイを搭載する「VAIO S」の店頭モデルは「SVS15119FJ」の1機種のみ。春モデルでは2機種展開だったが、Core i5搭載の下位機種が省かれた。発売日は2012年6月9日で、想定実売価格は17万円前後(税込み、以下同)。

 SVS15119FJは、クアッドコアのCore i7-3612QM(2.1GHz/最大3.1GHz)を搭載し、メモリは4Gバイト(空きスロット1)、ストレージは750GバイトHDDとなる。光学ドライブはBlu-ray Discドライブで、夏モデルではスロットインドライブ方式を採用した。15.5型ワイドディスプレイの解像度は1920×1080ドットで、グラフィックスはGeForce GT 640M LE(グラフィックスメモリ1Gバイト)と、CPU統合のIntel HD Graphics 4000のハイブリット構成となる。

 インタフェースは、USB 3.0が2基と電源オフ時の給電に対応するUSB 2.0が1基、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力、130万画素のHD対応Webカメラなどを備える。ネットワーク機能はギガビットLAN、IEEE802.11b/g/n準拠無線LAN、WiMAX、Bluetooth 4.0+HSなどを利用可能だ。カードスロットは、メモリースティックPRO-HGやメモリースティックデュオなどに対応するメモリースティック用スロットと、SDXC対応SDメモリーカードスロットの2種類を用意する。

 OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)、オフィススイートにOffice Home and Business 2010をプリインストールするほか、画像加工ソフトのPhotoshop Elements 10や動画/音楽編集ソフトのImagination Studioも付属する。

 バッテリー動作時間は約6時間。本体サイズは380(幅)×255.4(奥行き)×23.9(高さ)ミリで、重さは約2キロ(バッテリー含む)。カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色展開となる。

photophoto カラーバリエーションはブラック(写真=左)とシルバー(写真=右)の2色

直販モデルにカーボン天板のプレミアム仕様を用意

 13.3型ワイドモデルは、「SVS13118FJ」と「SVS13119GJ」の2種類を用意する。発売日は2012年6月9日で、実売価格はSVS13118FJが13万円前後、SVS13119GJは15万円前後と予想される。

 SVS13118FJの主な仕様は、デュアルコアCPUのCore i5-3210M(2.5GHz/最大3.1GHz)、4Gバイトメモリ(空きスロット1)、640GバイトHDD、Blu-ray Discドライブ、1366×768ドット表示対応の13.3型ワイドディスプレイなど。グラフィックスはCPU統合のインテルHDグラフィックス4000を利用する。インタフェースは、15型ワイドモデルと同様だ。

 OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)で、Office Home and Business 2010と動画/音楽編集ソフトのImagination Studioをプリインストールする。バッテリー動作時間は約8時間だ。カラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ピンクの3種類を用意する。

photophotophoto カラーバリエーションはブラック(写真=左)、シルバー(写真=中央)、ピンク(写真=右)の3色

 上位機種のSVS13119GJは、CPUがCore i7-3520M(2.9GHz、最大3.6GHz)、HDDの容量は750Gバイト、グラフィックスはGeForce GT 640M LEと、CPU統合のインテルHDグラフィックス4000のハイブリット構成となる。

 OSは64ビット版Windows 7 Professional(SP1)で、Office Home and Business 2010と動画/音楽編集ソフトのImagination Studioに加え、画像編集ソフトのPhotoshop Elements 10が付属する。バッテリー動作時間は約7.5時間だ。カラーバリエーションはブラックのみ。両モデルともに、本体サイズは331(幅)×224.6(奥行き)×23.9(高さ)ミリで、重さは約1.72キロ(バッテリー含む)だ。

 ソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデルでは、メモリ容量、ストレージ容量と種類(RAID対応SSDなど)、OSのエディション/プリインストールソフトの種類などのカスタマイズメニューや、直販限定のカラーを用意する。

 また、13.3型モデルではカーボン天板とヘアライン加工のアルミニウム製パームレストを採用したプレミアムモデルを用意する。液晶ディスプレイの解像度が1600×900ドットであったり、ボディデザインやカラーバリエーションが通常モデルと異なる(ブラック、ゴールド、ガンメタリックの3色)。最低構成時の価格は、13.3型モデル(SVS1311AJ)と15.5型モデル(SVS1511AJ)ともに8万9800円。13.3型のプレミアムモデル(SVS13A1AJ)は11万9800円からとなる。

※記事初出時、13.3型のプレミアムモデルを店頭で扱うとしていましたが、正しくは直販限定の機種となります。お詫びして訂正いたします。

VAIO S店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO S SVS15119FJB・S (2色) 2スピンドル 新CPU、新NVIDIA GPU、スロットイン光学ドライブ採用 Core i7-3612QM (2.1GHz/最大3.1GHz) 4GB (DDR3) 750GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 17万円前後
SVS13119GJB (ブラック) 2スピンドル 新CPU、新NVIDIA GPU、スロットイン光学ドライブ採用 Core i7-3520M (2.9GHz/最大3.6GHz) 4GB (DDR3) 750GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 15万円前後
SVS13118FJB・S・P (3色) 2スピンドル 新CPU、スロットイン光学ドライブ採用 Core i5-3210M (2.5GHz/最大3.1GHz) 4GB (DDR3) 640GB 64ビット版7 Home Premium (SP1) 13万円前後
VAIO S店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO S SVS15119FJB・S (2色) 15.5型ワイド 1920×1080 Intel HM77 Blu-ray Disc GeForce GT 640M LE/CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約2キロ
SVS13119GJB (ブラック) 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM76 DVDスーパーマルチ GeForce GT 640M LE/CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約1.72キロ
SVS13118FJB・S・P (3色) 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM76 DVDスーパーマルチ CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約1.72キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.