ニュース
» 2012年06月06日 00時00分 UPDATE

256GバイトSSD+外付けGPUでも10万円台:「Ultrabook市場でナンバーワンを目指す」――デル、6万円台の14型Ultrabook「Inspiron 14z」を発表 (1/2)

デルは、コンシューマー向けノートPCのラインアップに14型のUltrabook「Inspiron 14z」など4機種を投入した。メインストリーム向けのモデルで、いずれも価格を抑えているのが特徴だ。

[池田憲弘,ITmedia]

14型のUltrabook「Inspiron 14z」登場

photo Inspiron 14z

 デルは6月5日、14型ワイド液晶ディスプレイを搭載するUltrabook「Inspiron 14z」などノートPC4機種を発表、同日より販売を開始した。ラインアップはInspiron 14zのほか、13.3型モバイルノート「Inspiron 13z」、15.6型のスタンダードモデル「Inspiron 15R」、外付けGPUを搭載するAVノート「Inspiron 17R Special Edition」を用意する。

 Inspiron 14zは光学ドライブを搭載し、サラウンド機能「Waves MaxxAudio 4」を備えて音質にも注力するなど、メインPCとしての運用も視野に入れたUltrabookだ。同社が展開する小型軽量のUltrabook「XPS 13」とは対照的なコンセプトで作られている。最小構成時の価格は6万円台、SSDと外付けGPUを搭載しても10万円台と低価格であることも特徴だ。

 メモリ容量やストレージに差がある4モデルを用意する。上からプラチナSSDモデル、プラチナモデル、プレミアムモデル、スタンダードモデルとなる。プレミアムSSDモデルの主な仕様は、CPUがTDP17ワットのCore i7-3517U(1.9GHz/最大3.0GHz)、メモリは8Gバイト(4Gバイト×2)、ストレージは256GバイトSSD、光学ドライブはDVDスーパーマルチ、グラフィックスはRadeon HD 7570M(グラフィックスメモリ1Gバイト)、14型ワイドディスプレイの解像度は1366×768ドットに対応する。

 インタフェースはUSB 3.0×2(うち1基は電源オフ時の給電に対応)、音声入出力、HDMI出力(ver 1.4)、ギガビットLAN、100万画素のWebカメラなど。すべてのポートを前面と側面に配置しており、背面にポートはない。無線ネットワークは、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANと、Bluetooth 4.0が利用できる。OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)で、バッテリー動作時間は約7時間30分となる。直販価格は10万9980円(税込み、送料込み、以下すべて直販価格)。

photophoto インタフェースは左右側面に配置している。左側面にはUSB 3.0とHDMIポート、有線LANポートを(写真=左)、右側面にはUSB 3.0と光学ドライブ、3 in 1メディアカードスロットなどを備える(写真=右)

 プラチナモデルの価格は8万9980円で、ストレージが500GバイトHDD+キャッシュ用の32GバイトSSDとなる。プレミアムモデルは、CPUがCore i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)、メモリが4Gバイトとなり、外付けグラフィックスは省かれる。価格は7万4980円だ。スタンダードモデルは、CPUにSandy Bridge世代のCore i3-2367M(1.4GHz)を採用する。価格は6万9980円。最小構成でも、インテル・スマート・レスポンステクノロジーにより1秒以内にスリープ状態から復帰するとしている。

 カラーバリエーションは、ムーンシルバーとファイアレッドの2色。2012年6月5日時点では、ファイアレッドの提供開始日は未定となっている。本体サイズは347(幅)×240(奥行き)×20.7〜21(厚さ)ミリで、重量は約1.87キロ。

photophoto カラーバリエーションは、ムーンシルバー(写真=左)とファイアレッド(写真=右)の2色。ファイアレッドの提供開始日は未定だ

薄型軽量の1スピンドルノート「Inspiron 13z」

photo Inspiron 13z

 Inspiron 13zは13.3型ワイド液晶ディスプレイを内蔵するモデルで、光学ドライブを省いた薄型軽量のモバイルノートPCだ。ストレージは320GバイトのHDDのみで、SSDを搭載しないためUltrabookカテゴリには当てはまらない。その代わりに価格を抑えており、CPUに第3世代Core i5を採用するプレミアムモデルでも5万円台を実現している。

 メモリの容量は4Gバイト(4Gバイト×1)で、ディスプレイの解像度は1366×768ドットに対応する。インタフェースは、USB 3.0×3(うち1基は電源オフ時の給電に対応)、HDMI(ver.1.4a)、ギガビットLAN、100万画素のWebカメラ、IEEE802.11b/g/n準拠無線LAN、Bluetooth 4.0、8 in 1メディアスロット(SDXC対応SDメモリーカード、メモリースティックPROなど)を備える。

photophoto 光学ドライブ以外のインタフェースはInspiron 14zとほぼ共通だが、配置が大きく異なる

 OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)で、バッテリー動作時間は約7時間29分。価格は、CPUにCore i5-3317U(1.7GHz、最大2.6GHz)を搭載するプレミアムモデルが5万9980円で、Core i3-2367M(1.4GHz)を搭載するスタンダードモデルが5万4980円。

 本体サイズは、332(幅)×230(奥行き)×20.7(厚さ)ミリで、重量は最小構成時で約1.73キロ。カラーバリエーションはムーンシルバー、ロータスピンク、ファイアレッドの3種類を用意する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.