PR

RDT272WX(BK)の魅力に迫る(4):デジタルフォト愛好家向けの注目ポイント――簡易カラーマネージメントツールを用意

デジカメユーザーのカラーマネージメント入門機としても有用

tm1206_rdt272wx_408.jpg 紙の色調整チャートと画面表示を見比べながら色合わせするだけで、手軽に簡易的なキャリブレーションが行える「EASYCOLOR!3」

 デジカメユーザーに必見なのが、付属のカラーマネージメントソフトウェア「EASYCOLOR!3」だ。市販の測色器(カラーセンサー)がなくても、紙の色調整チャートと画面表示を見比べながら色合わせするだけで、手軽に簡易的なキャリブレーションが行える。ホワイトバランスの微調整を直感的な操作で行えるのも初心者には便利だろう。

 さらにEASYCOLOR!3では、新バージョンの追加機能として測色器によるキャリブレーションにも対応したのは見逃せない。色調整チャートと画面を見比べながら色合わせした調整値をターゲットとして測色器でキャリブレーションする方法と、色温度、輝度、ガンマの数値を指定して測色器でキャリブレーションする方法が選べる。特に後者に対応したことで、より厳密なカラーマネージメントが行えるようになったのは朗報だ。

 RDT272WX(BK)であれば、動画やゲーム、スマートフォン連携といった用途で高い性能を発揮しつつ、フォトレタッチや写真の閲覧など、静止画の色再現性が重要な用途にも十分活用できる。デジカメユーザーはここからカラーマネージメントの世界に入門し、将来的により高度な色管理機能を持つ同社の「グラフィック モデル」に乗り換えるのも手だ。

tm1206_rdt272wx_401.jpg RDT272WX(BK)は、視野角が広いIPS方式の液晶パネルを採用し、カラーマネージメントにも配慮がみられる


提供:三菱電機株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia +D 編集部/掲載内容有効期限:2012年6月30日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.