ニュース
» 2012年06月12日 18時43分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2012:南港展示場の注目PCパーツを総ざらい (1/2)

南港展示場には、これから登場すると思われるPCパーツ新モデルが集結した。その中から「煙を吐いて走る蒸気機関車」などの注目パーツを紹介しよう。

[長浜和也,ITmedia]

ASRockでTrinityのCPU-Zを見てしまった

 ASRockのブースでは、オーバークロックを重視したサブブランドの「Z77 OC Formula」を展示していた。電源回路のヒートシンクには、冷却水の注排水口を用意して、水冷ではヒートシンクの内部を冷却水が流れるようになっている。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16対応2基とPCI Express 2.0 x16対応1基の構成で、マルチGPU環境では、4way SLI、または、3way CrossFireXを構築できる。また、10基のUSB 3.0と12基のUSB 2.0、6基のSerial ATA 6Gbps、4基のSerial ATA 3Gbpsが利用可能。映像出力インタフェースではHDMIを備える。

 Thunderbolt対応マザーボードでは、「Z77 Extreme6/TB4」を用意する。電源回路の構成は8+4フェーズで、4基あるメモリスロットは、独自のオーバークロック技術でDDR3を最大2800MHz以上に設定できる。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16対応を2基備え、マルチGPU環境では、4GPUによるSLI、または、CrossFireXを構築できる。映像出力インタフェースでは、DVI-IとHDMI、DisplayPortを搭載する。そのほか、インタフェースとして用意するのは、6基のUSB 3.0に8基のUSB 2.0、2基のSerial ATA 6Gbps、eSATA、4基のSerial ATA 3Gbps、IEEE 1394、そして、2基のThunderboltだ。

kn_etcparts_04.jpgkn_etcparts_05.jpgkn_etcparts_06.jpg オーバークロック性能を重視した「Z77 OC Formula」と(写真=左)、Thunderboltに対応した「Z77 Extreme6/TB4」(写真=中央)では、Thunderboltを2基搭載する(写真=右)

 ASRockのブースでも、デスクトップPC向けTrinity対応のFM2対応マザーボードを多数展示していた。しかし、そのすべてが、AMD A75やAMD A55といった既存チップセットを採用するモデルだ。「FM2A75 Pro4」では、実際にTrinityを搭載したシステムが動作しており、CPU-Zが起動していた。

kn_etcparts_07.jpgkn_etcparts_08.jpgkn_etcparts_09.jpg ASRockのブースで確認できたFM2対応マザーボードは「FM2A75 Pro4」にしても(写真=左)、「FM2A75M-DGS」にしても(写真=中央)、「FM2A75 Pro4-M」にしても(写真=右)、AMD A75チップセット、もしくは、AMD A55チップセットを採用している

kn_etcparts_10.jpgkn_etcparts_11.jpg FM2A75 Pro4を用いた動作システムでは、偶然か意図的は知らないけれど、なぜかCPU-Zが起動していた

OCZが投入する“電源ユニット”

 OCZ Technology(以下、OCZ)のブースでは、いまや主力のSSD以外にも、自作PCユーザーには見逃せない製品を展示していた。SSDでは、OCZとMarvellが協同で開発したコントローラ「Kilimanjaro」を搭載する製品を訴求していた。ほかにも、SSDながら、3.5インチボディに容量4TバイトSSDを収納して「現在ある最大容量のHDDをそのままリプレースできる」とOCZが語る(ただし、コストは度外視)「Chrion Series」や、メモリチップにDRAMを使う「Aeon」など、コストは気にせず性能を追求するモデルを紹介していた。

kn_etcparts_31.jpgkn_etcparts_32.jpg OCZとMarvellが協同で開発したコントローラ「Kilimanjaro」と(写真=左)、それを採用する「Z-Drive R5」(写真=右)

kn_etcparts_33.jpgkn_etcparts_34.jpg 現時点におけるHDDの最大容量を同じ3.5インチボディに収容した「Chrion Series」(写真=左)と、DRAMを採用する「Aeon」(写真=右)

 その一方で、Ultrabookをはじめとする薄型ノートPCにも搭載できる“ロープロファイル”SSD「Vertex 3 Low Profile」も展示していた。この製品は、すでに日本以外では出荷しているものの、日本市場においては、「ハイエンド製品の出荷が多いため、まずは、そのラインアップを優先している」という理由で、いまだ出荷していない。また、Thunderbolt対応の外付けHDDユニット「LightFoot」も展示していた。

kn_etcparts_35.jpgkn_etcparts_36.jpg Ultrabookのような薄型ノートPCへの搭載を想定した7ミリ厚ボディのVertex 3 Low Profileのような製品も日本では需要があると思われるのだか(写真=左)。OCZが用意するThunderbolt対応外付けHDDユニット「LightFoot」(写真=右)

 OCZでは、電源ユニットも扱っている。ブースでは、日本でもマザーボードのブランドで知られている「Fatal1ty」の名を掲げた「Fatal1ty 1000W PSU」とともに、静音性能を重視した「Silencer Mk III」を訴求している。展示していたのは1200ワットのモデルで、全体を白塗りにしたボディを採用するとともに、電源コネクタでは、プロ用の映像音響機器で使われているネジ固定式のコネクタを導入している。

kn_etcparts_37.jpgkn_etcparts_38.jpg OCZの電源ユニットでPCゲームユーザーを対象にした「Fatal1ty PSU」シリーズ(写真=左)と、静音性能を重視した「Silencer Mk III」(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.