ニュース
» 2012年06月19日 12時51分 UPDATE

メニーコアの時代が来る:インテル、並列処理特化の「Xeon Phi」ブランド

インテルは、6月18日(現地時間)にXeonの新しいブランド「Xeon Phi」を発表した。2012年の末までに50コア搭載モデルの量産を開始する予定だ。

[ITmedia]

第1世代“Xeon Phi”は50コアで2012年の末に登場

 「Xeon Phi」は、MIC(Many Integrated Core)アーキテクチャを導入する並列演算処理に特化したコプロセッサで、HPC、大企業向けシステム、データセンター、ワークステーション向けのモデルとしてラインアップを整備する予定だ。現在、2012年の末までに量産を開始すべく、“Knights Corner”のコード名で開発を進めている。

 Xeon Phiは並列演算処理に特化した性能を有する一方で、インテル・アーキテクチャのプログラミングモデル、ツールが利用できるため、開発者にとっても導入が容易というメリットがあると、インテルは説明している。

 Xeon Phiは、22ナノメートルプロセスルールを導入して3次元トライゲートトランジスタ技術を採用する。PCI Expressに接続する拡張モジュールとしてシステムに実装するフォームファクタを採用する予定で、50以上のコアと8Gバイト以上のGDDR5を搭載するという。命令セットでは、512ビットのSIMD命令をサポートする。

kn_xeonphi_02.jpgkn_xeonphi_01.jpg Xeon Phi(写真=左)は、PCI Express拡張カードの形態でシステムに搭載する(写真=右)

関連キーワード

Xeon | CPU | マルチコア | 22nmプロセス | メニーコア


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.