ニュース
» 2012年06月20日 11時00分 UPDATE

バッテリー駆動に対応:日本HP、重さ3キロのインクジェット複合機「HP Officejet 150 Mobile AiO」を発表

日本HPがモバイル対応のインクジェット複合機を発表。コピーやスキャン機能を備えており、同社は“世界初のモバイルオールインワンプリンタ”とうたう。

[池田憲弘,ITmedia]
photo HP Officejet 150 Mobile AiO

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は6月20日、モバイル利用に配慮した小型インクジェット複合機「HP Officejet 150 Mobile AiO」を発表した。2012年7月に発売予定で、同社直販サイト「HP Directplus」での価格は3万6960円(税込み)。

 本製品は、米Hewlett-Packardが2012年5月に上海で発表した製品の日本向けモデル。複合機ながら、本体サイズ350(幅)×171(奥行き)×90(高さ)ミリ、重量約2.9キロ(バッテリー装着時は約3.1キロ)という小型軽量のボディを特徴とする。

 最大で500ページ印刷可能(A4モノクロの場合)なリチウムイオンバッテリーが標準で付属しており、バッテリー駆動が可能だ。A4カラープリントに加え、ドキュメントスキャン、コピー機能も備える。

photophoto トレイ収納時は幅350ミリ、高さ90ミリと場所を取らない小型のボディが特徴だ(写真=左)。バッテリーの重量は約200グラム。装着すると2〜3センチほど出っ張る(写真=右)

 インタフェースは、USBポート(PC接続用/USBメモリやPictBridge対応デジタルカメラ接続用)やSDメモリーカード/MMCスロットを備えており、スキャンデータを直接USBメモリやSDメモリーカードに保存できるほか、保存した画像を直接印刷できる。Bluetooth 2.0+EDRを装備し、スマートフォンからのワイヤレスプリントにも対応する。

photophoto USBポートは背面に(写真=左)、SDメモリーカード/MMCスロットは左側面に備える(写真=右)

 印刷スピードはA4モノクロが最大5枚/分、A4カラーが最大3.5枚/分、プリントでの最大給紙容量は50枚となる(コピー/スキャンの原稿は1枚ずつ手差し)。インクは顔料ブラック+染料3色(CMY)の2カードリッジ構成で、片方がインク切れになった場合、もう片方のインクで印刷できるインクバックアップ機能に対応する。大容量インクカードリッジを装着可能で、インク交換なしで約560枚のA4カラー印刷を行える。

photophotophoto インクは顔料ブラック+染料3色の2カードリッジ構成だ(写真=左)。本体右上にはタッチパネル付きの2.36型カラー液晶モニタを内蔵する(写真=中央)。ドキュメントスキャンは原稿を手前から奥に差し込んで行う(写真=右)

※記事初出時より、一部表現を変更しました(6/20 13:30)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.