ニュース
» 2012年06月21日 12時23分 UPDATE

11.6型/13.3型のフルHD液晶搭載:ASUS、IPS液晶を採用したCore i7搭載Ultrabook「ZENBOOK Prime UX31A」など5モデルを発売

ASUSは、Ultrabookとしては初めてフルHD/IPS液晶液晶を採用したUltrabook「ASUS ZENBOOK Prime UX21A」「ASUS ZENBOOK Prime UX31A」など5機種を発表した。

[ITmedia]

ASUSは、Ultrabookとしては初めてフルHD/IPS液晶液晶を採用したUltrabook「ASUS ZENBOOK Prime UX21A」「ASUS ZENBOOK Prime UX31A」など5機種を発表した。

フルHD/IPS液晶を搭載した「ZENBOOK Prime」が日本上陸

 ASUSTeK Computerは6月21日、第3世代Core i7搭載のUltrabook「UX31A」「UX21A」など5シリーズを発表、6月23日より販売を開始する。

photophoto 左がZENBOOK UX31A、右が同 UX21A

 Ultrabookのラインアップは、1366×768ドット表示対応11.6型ワイド液晶/1600×900ドット表示対応13.3型ワイド液晶をそれぞれ内蔵したモデル「ASUS ZENBOOK UX21A」「ASUS ZENBOOK UX31A」のほか、ディスプレイ解像度を1920×1080ドット表示対応に向上させた上位モデル「ASUS ZENBOOK Prime UX21A」「ASUS ZENBOOK Prime UX31A」も用意。“Prime”モデル2製品はIPSパネルを採用し広視野角も実現している。輝度は350カンデラ/平方メートルだ。

 CPUはCore i7-3517U(1.9GHz/最大3.0GHz)を、メモリはDDR3 4Gバイトを、ストレージは128GバイトSSD(Primeモデルは256GバイトSSD)を内蔵。IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、92万画素Webカメラ、mini VGAのアナログRGB出力、マイクロHDMI出力、USB 3.0×2、SDメモリーカードスロットなども内蔵する。ZENBOOK Primeの2モデルはイルミネートキーボードも備える。

 バッテリー駆動時間はUX21Aが約5.2時間、Prime UX21Aが約5.1時間、UX31Aが約8.7時間、Prime UX31Aが約8.5時間とされている。本体サイズは、UX21A/Prime UX21Aが299(幅)×196.8(奥行き)×3〜17.5(高さ)ミリ、UX31A/Prime UX31Aが325(幅)×226(奥行き)×3〜18(高さ)ミリ。重量はUX21A/Prime UX21Aが役1.1キロ、UX31A/Prime UX31Aが約1.3キロだ。

 OSはWindows 7 Home Prmeium 64ビット版。価格はASUS ZENBOOK UX21Aが9万9800円、同 UX31Aが10万9800円(Office Home and Business 2010搭載モデルは12万9800円)、ASUS ZENBOOK Prime UX21Aが12万9800円、同 Prime UX31Aが13万9800円だ(いずれも税込み、以下同様)。

オーディオに注力した15.6型ノートPC「N56VM」

photo N56VM

 N56VMは、1920×1080ドット表示対応の15.6型ワイド液晶を搭載したマルチメディアモデル。出力3ワットのステレオスピーカーと大出力アンプなどを組み合わせたオーディオテクノロジー「ASUS SonicMaster」を導入。付属サブウーファーを接続することで迫力ある音声再生も行える。

 CPUはクアッドコアのCore i7-3610QM(2.3GHz/最大3.3GHz)を、グラフィックスコアとしてGeForce GT 630M(NVIDIA Optimus Technology対応)を内蔵した。メモリはDDR3 8Gバイト、HDDは750Gバイト(または750GバイトのハイブリッドHDD)、光学ドライブはDVDスーパーマルチ/Blu-ray Discドライブを搭載した。IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 4.0、92万画素Webカメラ、アナログRGB出力、HDMI出力、USB 3.0×4、SDメモリーカードスロットなども備える。

 バッテリー駆動時間は約3.8時間とされている。本体サイズは380(幅)×255(奥行き)×27.3〜34(高さ)ミリ、重量は約2.7キロだ。

 OSはWindows 7 Home Prmeium 64ビット版。価格は下位構成の「N56VM-S3610D」が9万9800円、上位構成の「N56VM-S3610B」が12万9800円。

5色展開のスタンダードノートもモデルチェンジ

photo K55A

 同社は、1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶/Core i5-3210M(2.5GHz/最大3.1GHz)を搭載したスタンダードノート「K55A」「K55VD」も用意。K55VDはGeForce 610Mを装備し、NVIDIA Optimus Technologyもサポートする。カラーバリエーションはK55Aが計5色、K55VDが2色展開だ。

 K55AはDDR3 4Gバイトメモリ、750GバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載。IEEE802.11b/g/n無線LAN、1000BASE-Tの有線LAN、30万画素Webカメラ、アナログRGB出力、HDMI出力、USB 3.0×2、USB 2.0×1、SDメモリーカードスロットなどを利用できる。バッテリー駆動時間は約6.2時間だ。本体サイズは378(幅)×251(奥行き)×21.7〜31.9(高さ)ミリ、重量は約2.6キロ。

 K55VDはGeForce 610MとBlu-ray Discドライブを搭載する。バッテリー駆動時間は約6時間。そのほかの基本スペックはK55Aと同様だ。

 2モデルとも発売日は6月23日の予定だが、カラーによっては発売が7月中旬となる。価格はK55Aが5万9800円、K55VDが6万9800円だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.