ニュース
» 2012年06月22日 16時10分 UPDATE

PCゲーマーの必需品になる?:JINS、PCワーカー向けメガネのプレミアムモデル「JINS PC for HACKERS」

ディスプレイが発するブルーライトをカットするメガネ「JINS PC」のプロフェッショナル向けモデルが登場。全方向からブルーライトをカットするワイドレンズ、視界内に入らないフレームなど、PCに集中できるように特化したデザインを採用した。

[池田憲弘,ITmedia]
photo 「JINS PC for HACKERS」はワイドレンズ1枚のみの構造を採用し、あらゆる方向からのブルーライトをカットする。長時間使用しても疲れにくい3D鼻パッドを採用し、装着感にもこだわった製品だ。レンズカラーは薄いブラウン

 眼鏡店「JINS」を展開するジェイアイエヌは、ディスプレイが発する青色光をカットし、眼の負担を軽減するメガネ「JINS PC」のプレミアムモデル「JINS PC for HACKERS」を発表した。2012年7月2日の午前11時から、同社直販サイト「JINS オンラインショップ」にて1500本限定で予約を受け付ける。ラインアップは度なしモデルのみで、価格は9990円。

 JINS PC for HACKERSは、システムエンジニアやプログラマ、コアなPCゲーマーなど長時間眼を酷使する人向けのメガネだ。レンズはワイドレンズ1枚のみと、視界にフレームが入らない構造を採用しており、画面に集中できる。

 レンズは眼の周りを広く覆うような形状で、視野を最大限確保しつつ、あらゆる方向からのブルーライトをカットする。フレーム部は、日本人の顔の平均サイズを基に設計しており、装着感がよく、多少の動きでメガネはずれないという。

 長時間ディスプレイを見続けるプロ・ゲーマーとの相性がよく、PCゲームやビデオゲームの競技大会「eスポーツ JAPAN CUP」は公式アイウエアとして採用している。eスポーツプレイヤーの育成施設「e-sports SQUARE」でも常時活用される予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう