ニュース
» 2012年07月12日 12時35分 UPDATE

レノボ、クアッドコアAPUも搭載可能な中小企業向けノートPC「ThinkPad Edge E435/E535」

レノボ・ジャパンは、AMD製APUの搭載に対応した中小企業向けノートPC「ThinkPad Edge E435」「同 E535」を発表した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは7月12日、AMD製APUの搭載に対応した中小企業向けノートPC「ThinkPad Edge E435」「ThinkPad Edge E535」を発表、7月13日より同社直販「レノボ・ショッピング」にて販売を開始する。

photophotophotophoto ThinkPad Edge E435 ヒートウェーブ・レッド(左2点)、ThinkPad Edge E535 ミッドナイト・ブラック(右2点)

 2製品はともにエントリークラスモデルとなる法人向けノートPCで、プロセッサとしてAMD製APUとなるAMD A6-4400M/A8-4500M/A10-4600Mの搭載に対応。構成のカスタマイズが可能で、HDDは最大750Gバイト、メモリは最大8Gバイトを内蔵できる。本体カラーバリエーションは「アルミ・ブラック」「ミッドナイト・ブラック」「ヒートウェーブ・レッド」「アークティック・ブルー」の4色を用意した。

 バッテリー駆動時間は約5時間以上。また起動高速化機能「RapidBoot」などを利用できるパフォーマンス最適化テクノロジー「Lenovo Enhanced Experience 3 for Windows 7」も標準で導入した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.