ニュース
» 2012年07月23日 14時58分 UPDATE

テックウインド、ポータブルプロジェクター「SHOWWX+ HDMI」の取り扱いを開始

テックウインドは、重量約117グラムの小型軽量筐体を採用したポータブルプロジェクター「SHOWWX+ HDMI」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo SHOWWX+ HDMI

 テックウインドは7月23日、MicroVision製となるポータブルプロジェクター「SHOWWX+ HDMI」の取り扱いを開始した。予想実売価格は3万9800円(税込み)。

 SHOWWX+ HDMIは、本体サイズ60(幅)×118(奥行き)×14(高さ)ミリ/重量約117グラム(バッテリ含む)の超小型筐体を採用するポータブルプロジェクター。光源はレーザー式を採用、最大100インチまでの投写が可能となっている。

 解像度は848×480ピクセル表示に対応。明るさは15ルーメン、コントラスト比は5000:1となっている。インタフェースはHDMI入力を備え、iPod/iPhone/iPad用の接続ケーブルが付属する。

※記事初出時、インタフェースにHDMI入力とコンポジットビデオ入力両方を備えるとしましたが、コンポジットビデオ入力はなく、HDMI入力のみとなります。お詫びして訂正いたします(7/24 14:00)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう