ニュース
» 2012年07月24日 11時47分 UPDATE

ASUS、WUXGA対応IPSパネルを採用した10.1型Androidタブレット「ASUS Pad TF700T」

ASUSTeKは、10.1型ワイド液晶を採用したAndroidタブレット「ASUS Pad TF700T」を発表した。

[ITmedia]

 ASUSTeKは7月24日、10.1型ワイド液晶搭載Androidタブレット「ASUS Pad TF700T」を発表した。販売開始は8月上旬以降の予定で、価格はキーボードドック付属モデルの「TF700-PR64D」「TF700-GD64D」が7万4800円、単体モデルの「TF700-PR32」が5万4800円だ(税込み)。

photophotophoto ASUS Pad TF700T アメジストグレー(左/中)、同 シャンパンゴールド(右)

 ASUS Pad TF700Tは、OSとしてAndroid 4.0.3を導入したタブレット端末で、1920×1200ドット表示対応の10.1型ワイドタッチパネル液晶を内蔵する。視野角が上下/左右178度、輝度が600カンデラ/平方メートルの広視野角・高輝度IPSパネルを採用したほか、表面には従来よりも強度を25%強化した「ゴリラガラス2」を用いているのも特徴だ。

 プロセッサも従来モデルから強化され、Tegra 3(1.7GHz)を搭載。メモリは1Gバイトを内蔵、ストレージ(eMMC)はTF700-PR64D/同-GD64Dが64Gバイト、TF700-PR32が32Gバイトを利用可能だ。ほかIEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 3.0+EDR、800万画素Webカメラ、各種センサーを装備。またTF700-PR64D/同-GD64Dにはモバイルキーボードドックが付属しており、ノートPCスタイルで利用することもできる。バッテリー駆動時間はタブレット単体時で最長約9.5時間、モバイルキーボードドック接続時で最長約14時間だ。

 本体カラーはTF700-PR64D/TF700-PR32がアメジストグレー、TF700-GD64Dがシャンパンゴールドとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.