ニュース
» 2012年07月25日 11時00分 UPDATE

2012年PC夏モデル:ガラスのUltrabookが“Ivy Bridge”世代に進化――「HP ENVY14-3100 SPECTRE」

日本HPの14型Ultrabook「HP ENVY14-3100 SPECTRE」は、高硬度のガラスを多用したボディはそのままに、基本スペックを強化した。

[池田憲弘,ITmedia]

第3世代Core i5/i7を搭載、メモリは8Gバイトに

photo 日本HPの14型Ultrabook「HP ENVY14-3100 SPECTRE」。CPUとメモリ以外は従来モデルとほぼ共通の仕様で、マグネシウム合金と樹脂のボディや、液晶ディスプレイ、天面、パームレスト、タッチパッドに高硬度のガラスを採用した高級感のあるデザインは従来モデルから変わらない

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は7月25日、14型ワイド液晶ディスプレイを搭載するUltrabook「HP ENVY14-3100 SPECTRE」を発表した。

 HP ENVY14-3100 SPECTREは、同社が2012年3月に発売した「HP ENVY14 SPECTRE」の後継機種にあたる。第3世代Coreプロセッサー・ファミリーのCPUを採用し、メモリ容量を強化した以外は、従来モデルとほぼ共通の仕様を採用する。

 ラインアップは直販限定のHP Directplusモデル「HP ENVY14-3107TU」と、量販店向けモデル「HP ENVY14-3108TU」の2種類を用意する。HP Directplusモデルは同日販売を開始し、量販店向けモデルは2012年7月27日に発売する。価格は前者が16万4850円から、後者はオープンプライスで、実売価格は15万円前後の見込みだ。

 量販店モデル(HP ENVY14-3108TU)の主なスペックは、CPUがCore i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)、メモリは8Gバイト(PC3-12800)、ストレージは128GバイトSSDで、グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel HD Graphics 4000を利用する。14型ワイド液晶ディスプレイの解像度は1600×900ドットに対応しており、画面とフレーム部が1枚のガラスで覆われている。

 インタフェース類は、HDMI出力、Mini DisplayPort出力、USB 3.0×1、USB 2.0×1(いずれも電源オフ時の給電に対応)、ヘッドフォン出力/マイク入力共用端子、SDXC対応メモリーカード/MMC用スロット、約92万画素のWebカメラを搭載。通信機能はギガビットLAN、IEEE802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0を標準装備する。

 HP Directplusモデル(HP ENVY14-3107TU)は、CPUがCore i7-3667U(2GHz/最大3.2GHz)で、ストレージが256GバイトSSDであるほかは、量販店モデルと共通の仕様だ。

 OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)をプリインストールし、Photoshop Elements 10、Premiere Elements 10などのソフトウェアも用意する。内蔵するリチウムイオンバッテリーは4セルタイプで、バッテリー動作時間は量販店モデルが約9時間30分、HP Directplusモデルが約9時間45分となる。本体サイズは327(幅)×221(奥行き)×20〜23(高さ)ミリで、重量は約1.79キロ。専用のスリーブケースやアクセサリケースが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう