ニュース
» 2012年07月25日 15時01分 UPDATE

マウスコンピューター、SOHO向けのXeon搭載省スペースサーバ

マウスコンピューターは、SOHOおよび中小企業向けとなる小型デスクトップサーバ「MousePro SV100SBX-RAIS」の販売を開始する。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは7月25日、SOHOおよび中小企業向けとなる小型デスクトップサーバ「MousePro SV100SBX-RAIS」の販売を開始する。価格はOSレスモデルが11万4450円、Windows Small Business Server 2011Essentials導入モデルが14万7000円(ともに税込み)。

photophoto MousePro SV100SBX-RAIS

 MousePro SV100SBX-RAISは、CPUとしてXeon E3-1260L(2.4GHz)を搭載したデスクトップ型サーバで、本体サイズ200(幅)×337(奥行き)×273(高さ)ミリの省スペース筐体を採用。またHDDとして、耐久性を高めた高信頼HDD「HGST Ultrastar」が用いられているのも特徴だ。

 前面ドライブベイは4ベイを装備。標準構成では2TバイトHDD×2基でのRAID-1構成に対応するほか、カスタマイズによりRAID-10構成も利用可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう