連載
» 2012年08月01日 18時42分 公開

広田稔のMacでいきます(8):独断と偏見で選ぶ!! Mountain Lionで感じた「10の便利」 (3/3)

[広田稔,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

(8)MailのVIP

 「Mail」アプリで注目したいのは「VIP」機能。もはや電子メールは仕事や日常生活に欠かせない要素で、毎日、鬼のようにメッセージが届くという人も多いはず。その中から、特定の人と交わした重要なやりとりを振り返りたいときにVIPが役に立つ。使い方は簡単で、メッセージ本文の差出人欄左にある「☆」をクリックすればOK。メールボックス内に現れた「VIP」項目を押すと、そのアドレスとのやり取りが抽出される。

 直近でやり取りすることが多い人に☆を付けて、用事が終わったら外すという使い方がオススメだ。社内や趣味のグループなど常にやり取りする相手ならスマートメールボックスで抽出すべきだし、メッセージ単体で重要ならフラグを使えばいい。ワンクリックでオン/オフできる特性を最大限に生かそう。

差出人欄の左脇にある「☆」をクリックしてVIPに追加、もう一度押して外す(画面=左)。「VIP」タブには、差出人ごとに分類される(画面=右)

(9)QuickTime PlayerでAVCHDファイルの再生

 AVCHDカメラのユーザーにとっては「ついにきた!!」とガッツポーズしたいぐらいの新要素。AVCHDカメラで撮ったファイルは、今までMacでは「iMovie」や「Final Cut Pro」などを使わないとプレビューできなかったが、これからはQuickTime Playerでサクっと内容を確認し、トリミングして書き出せる。単に書き出して誰かに見せたいだけなら、QuickTime Playerを使うほうが断然お手軽だ。

FinderでAVCHDカメラのメモリを開いて「AVCHD」というファイルをダブルクリックすると、QuickTime Playerでクリップを表示してくれる。あとは選んで再生すればOK。MacBook Pro Retinaディスプレイモデルでファイルを開いてみたところ、読み込みの最初が少しカクつくぐらいで、普通に再生してくれた

(10)リモート操作でも、ファイルをドラッグ&ドロップしてコピーが可能に

 これもまた複数台のMacを併用している人向けのマニアックな話。OS XはiCloudで「どこでも My Mac」という機能をオンにしておくと、インターネットやLAN越しに別のMacからアクセスして遠隔操作することが可能だ。その方法は、Finder上でファイル/フォルダーを扱う「ファイル共有」と、実際にマシンのデスクトップを表示してマウスやキーボードで動かせる「画面共有」の2種類がある。

 今まで画面共有では、遠隔操作しているマシンから手元のマシンにファイルをドラッグ&ドロップして持ってくることはできなかったが、Mountain Lionからは可能になった。Macの複数台持ちにとっては感涙の、グローバルなベストプラクティスを実践してくれる(?)機能といえる。

出先からアクセスしたいMacの「システム環境設定」を開き、「iCloud」の「どこでも My Mac」をオン(画像=左)。さらに「共有」で、「画面共有」と「ファイル共有」をオンにしておく。あとは電源を切らず、スリープさせておこう(画像=右)

手元のMacでウィンドウを開くと、サイドバーに共有を指示したMacの名前が現れる。クリックして、「画面を共有」を押す(画像=左)。アクセスするMacのログインID/パスワードを入力するか、Apple IDで接続(画像=右)

これでデスクトップが開くはず。この状態でもドラッグ&ドロップでファイルを取り出せるようになった。地味だけど便利! ちなみに画像のようにデュアルディスプレイでも、きちんと表示されます


 というわけで、10個の「すげぇ!」を紹介してきたわけだが、まったく不満がないというわけでもない。1番気になるのは、iCloudでOS Xのキーチェーンを同期してくれないこと。キーチェーンにはシステムやWebサイトのパスワード情報などが保存されているため、できればMobile Meで提供していたのと同等の機能に戻して、クラウドにもバックアップできるようにしてほしい。

 もう1つ、Safariのスマート検索フィールドにキーワードを入力して検索する場合に、キーワードをURLと誤認識するのか、検索結果の画面が現れてくれないことがある(これは筆者の環境だけでしょうか……?)。

こんな感じで検索できないことがある。スマート検索フィールドの、スマートじゃない側面が……

 以上、Mountain Lionは、冒頭でも触れたように、今までの使い勝手をほとんど変えずに、さらに便利になったという印象だ。特にLionユーザーならアップデートしない手はないので、ぜひ入手しておこう。もちろん、これを機にマシンごと新しくしてしまうのもアリかもしれません。

著者紹介:広田稔

 Mac雑誌の編集者、IT系ニュースサイトの編集記者を経てライターに。アップルとインターネットが専門分野で、初代iPhoneが発表された「Macworld Expo 2007」や、初音ミクの海外初ライブとなる「MIKUNOPOLIS」、ニコニコ動画史上最大のイベント「ニコニコ超会議」などをがっつり取材した。

 近著は「ニコニコ動画めもりある ニコニコ大会議編」(アスキー・メディアワークス)など。個人のTwitterアカウントは「kawauso3」です。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう