ニュース
» 2012年08月09日 15時00分 UPDATE

キヤノン、ビジネス向け液晶プロジェクター5機種

キヤノンは明るさ6000ルーメンのフラグシップモデルなど、ビジネス向けプロジェクター5機種を発売する。

[池田憲弘,ITmedia]
photo SX6000

 キヤノンは8月9日、ビジネス向け液晶プロジェクター5機種を発表した。2012年8月中旬から順次発売する。ラインアップは大会議室向けの「SX6000」「WX6000」、中会議室向けの「LV-7392A」、小会議室向けの「LV-8227A」「LV-7297A」となる。価格はすべてオープン。

 SX6000は、反射型液晶パネル(LCOS)の開口率を約96%まで向上させ、明るさ6000ルーメンを実現したモデル。出荷開始は2012年10月中旬だ。

 コントラスト比は1000:1、解像度は1400×1050ドットで、最大1920×1080ドットまでの入力に対応する。映像入力はアナログRGB、DVI、HDMI(ver 1.3)を搭載する。本体サイズは380(幅)×430(奥行き)×150(高さ)ミリ、重量は8.5キロ。

 WX6000は、SX6000の下位モデルで、解像度が1440×900ドット、明るさは5700ルーメンとなるほかは、SX6000と仕様がほぼ共通する。出荷開始は2012年9月下旬だ。

photo LV-8227A

 中小会議室向けの3機種は、それぞれ解像度や明るさ、コントラスト比が異なる。LV-8227Aの解像度は1280×800ドット、明るさ2500ルーメン、コントラスト比は3000:1。LV-7392AとLV-7297Aの解像度は1024×768ドットで、コントラスト比は2000:1。明るさはそれぞれ3000ルーメンと2600ルーメンとなる。

 3機種とも、本体サイズは334(幅)×247(奥行き)×101(高さ)ミリで、重量は2.99キロ。映像入力はHDMI、アナログRGB、コンポジットビデオを搭載し、モノラルの10ワットスピーカーを備える。出荷開始時期は以下の通り。

プロジェクター新機種の主な仕様
製品名 カテゴリ 解像度 明るさ コントラスト比 倍率(ズーム) フォーカス 重量 出荷開始時期
SX6000 大会議室向け 1400×1050 6000ルーメン 1000:1 1.5(電動) オート 8.5キロ 10月中旬
WX6000 大会議室向け 1440×900 5700ルーメン 1000:1 1.5(電動) オート 8.5キロ 9月下旬
LV-7392A 中会議室向け 1024×768 3000ルーメン 2000:1 1.2(手動) 手動 2.99キロ 8月中旬
LV-8227A 小会議室向け 1280×800 2500ルーメン 2000:1 1.2(手動) 手動 2.99キロ 9月上旬
LV-7297A 小会議室向け 1024×768 2600ルーメン 2000:1 1.2(手動) 手動 2.99キロ 9月上旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.