ニュース
» 2012年08月10日 15時32分 UPDATE

ドスパラ、ZALMANミドルタワーPCケースのコラボモデル

ドスパラは、8月10日に、ZALMANのPCケース「Z9PLUS」をベースに、フロントデザインと本体インタフェースを強化したコラボレーションモデルを発表した。

[ITmedia]

 ドスパラが発表したPCケース「Z9PLUS-D4-U3」は、ATXフォームファクタ準拠のミドルタワーモデルで、ZALMANの「Z9PLUS」をベースに、デザインと本体搭載インタフェースの一部をドスパラが変更している。本体サイズは、207(幅)×504(奥行き)×464(高さ)ミリ、重さは7.2キロ。

 ドライブベイは、5.25インチオープンベイが3基、3.5インチオープンベイが1基、3.5インチシャドウベイが5基、2.5インチシャドウベイが1基の構成。拡張スロットは7基まで対応可能だ。PCケースファンは、標準状態で4基の120ミリ径を搭載する(前面、天面、背面、側面にそれぞれ1基ずつ)ほか、オプションで、天面と側面、底面に1基ずつ追加できる。また、140ミリ径ファンの搭載も可能だ。

 フロントパネルに用意したインタフェースは、ベースモデルで4基のUSB 2.0を用意していたが、Z9PLUS-D4-U3は、2基のUSB 3.0と2基のUSB 2.0に変更した。ファンコントローラと温度表示モニタはベースモデルと共通する。また、ベースモデルの特徴だったフロントのメッシュ状パネルをZ9PLUS-D4-U3でも採用するが、デザインにドスパラの“D”を思わせるパターンを取り入れた。

 出荷開始は8月19日の予定で、ドスパラ通販特価は5980円となる。なお、ドスパラの全国21店舗と通販サイトでは、8月10日から先行予約を受け付ける。

kn_z9plus_01.jpg Z9PLUS-D4-U3

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう