ニュース
» 2012年08月10日 15時58分 UPDATE

アスク、AES-256暗号にハードウェア対応の外付けHDD

アスクは、Rockstorの外付けHDD「COMMANDER 3F」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 COMMANDER 3Fは、3.5インチHDD(7200rpm)を内蔵する外付けHDDで、容量が2Tバイトのモデルと4Tバイトのモデルを用意する。標準で付属する小型USBトークンキーによリアルタイムのAES-256暗号処理が利用できる。ハードウェアによる対応なので、導入にあたってユーザーのOS環境は問わない。PCとの接続はUSB 3.0、または、FireWire 800を利用する。

 外付けユニットのボディはアルミ製で耐衝撃性を有する。サイズは219(幅)×152(奥行き)×42(高さ)ミリで、重さは1.48キロ。3個のUSBトークンキーが標準で付属する。

 出荷開始は8月下旬の予定で、実売予想価格は、2Tバイトモデルが8万2800円前後、4Tバイトモデルが9万9800円前後とみられる。

(記事掲載当初、掲載写真が間違っていました。おわびして訂正いたします)

kn_cmmndr3f_01.jpg COMMANDER 3F

関連キーワード

アスク | 外付けHDD | AES


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.