レビュー
» 2012年08月13日 21時21分 UPDATE

まさにモンスター級!!:“最強”のさらに上をいくゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i970」を駆る (1/2)

マウスコンピューターのゲーミングブランド「G-Tune」を冠する17.3型フルHDノートPCに、「GeForce GTX 680M」を搭載したモンスターモデルが加わった。これは速いぞッ!

[後藤治(撮影:矢野渉),ITmedia]

G-Tuneに「GeForce GTX 680M」搭載モデルが登場

og_i970_001.jpg 17.3型ワイドのフルHD液晶ディスプレイを搭載するゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i970」

 マウスコンピューターの「NEXTGEAR-NOTE i970」シリーズは、同社のゲーミングブランド「G-Tune」を冠したノートPCの中でもハイエンドに位置するモデルだ。特に今回紹介する「NEXTGEAR-NOTE i970GA1」は、モバイル向け第3世代Coreプロセッサー(開発コード名:Ivy Bridge)で最上位の「Core i7-3920XM Extreme Edition」を搭載し、外付けグラフィックスにNVIDIAの最新GPU「GeForce GTX 680M」を採用する。これは現時点のノートPCでは最強の組み合わせといっていい。

 17.3型フルHD液晶ディスプレイを搭載するボディは、従来機「NEXTGEAR-NOTE i960」シリーズを引き継ぐ。直線を基調としたシルエットとブラックのカラーリングは、いかにもゲーミングノートPCらしい“尖った”デザインだが、天面とパームレストのアルミヘアラインや、イルミネーション機能を持つキーボードバックライトがアクセントになって、高級感もあわせ持つ。

 そのほかの特徴やインタフェース回りも基本的には従来機をほぼ踏襲しており、NEXTGEAR-NOTE i960とNEXTGEAR-NOTE i970の違いは、外付けグラフィックスを「GeForce GTX 675M」(グラフィックスメモリ2Gバイト)から「GeForce GTX 680M」(グラフィックスメモリ4Gバイト)に強化した点のみ。このため、液晶ディスプレイの品質やキーボードなどの細かい使用感は以前掲載したレビュー(参考:モンスターマシンがIvy Bridgeでさらにパワフル――「G-Tune NEXTGEAR i960」)に譲り、ここではグラフィックスパフォーマンスがどれだけ向上したかを見ていこう。

og_i970_002.jpgog_i970_003.jpg 1920×1080ドット表示に対応した17.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載する。パネル表面は光沢仕上げで、輝度も高く、写真などを表示した際の見栄えはいい。視野角も広めなほうだ(写真=左)。キーボードは17.3型の大型ボディを生かしたテンキー付きの6段配列。ゲーミングノートPCらしく、FPSで多用するW/A/S/Dキーにカーソルのプリントがある(写真=右)

og_i970_004.jpgog_i970_005.jpg キーボードバックライトは、3つのエリアそれぞれを別の色で点灯できるイルミネーション機能を搭載。ウェーブやダンスといった、時間で色を変える派手な演出も用意されている。これらのカスタマイズは専用アプリケーションから設定可能だ

og_i970_006.jpgog_i970_007.jpgog_i970_008.jpgog_i970_009.jpg 本体前面/背面/左側面/右側面。本体サイズは412(幅)×276(奥行き)×41.8〜45.4(高さ)ミリ、重量が約4.03キロと非常に大柄なボディだ。ポート類は左右に振り分けられており、メモリカードスロット(SD/MS/MMC)をはじめ、映像出力としてDisplayPort、HDMI、DVI-Iの3系統を搭載し、USB 3.0×3、USB 2.0とeSATA兼用端子、IEEE1394a(4ピン)、ヘッドフォン、マイク、光デジタル音声出力、音声関連端子と豊富だ

og_i970_020.jpgog_i970_021.jpg 標準バッテリーの公称駆動時間は約3.5時間。もっとも、(比較としてiPhoneを並べた)巨大なACアダプタを見れば分かるように、持ち歩きはほぼ想定されていない(写真=左)。液晶ディスプレイは約130度まで開く(写真=右)

マウスコンピューター/G-Tune
       1|2 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-