ニュース
» 2012年08月17日 17時20分 UPDATE

Windows 8に対応:コーレル、グラフィックデザインソフトの最新版「CorelDRAW Graphics Suite X6」

コーレルはグラフィックデザインソフト「CorelDRAW Graphics Suite X6」を発売した。64ビットOSにネイティブ対応し、Windows 8でも利用できる。

[ITmedia]
photo CorelDRAW Graphics Suite X6

 コーレルは8月17日、総合グラフィックソフトの最新版「CorelDRAW Graphics Suite X6」を発表した。ダウンロード版は同日販売を開始し、パッケージ版は2012年8月24日に発売する。通常版の価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに5万7540円(税込み、以下同)。

 CorelDRAW Graphics Suite X6は、ベクター型グラフィックスソフトの「CorelDRAW X6」をはじめ、ビットマップデータのベクター変換ソフト「Corel PowerTRACE X6」や画像編集ソフト「Corel PHOTO-PAINT X6」、コンテンツ検索ツール「Corel CONNECT X6」などをワンパッケージにした総合デザインスイート製品だ。今回からはWebサイト作成ソフト「Corel Website Creator X6」も加わった。

 新バージョンでは、UI(ユーザーインタフェース)の改善や、パフォーマンスの向上に加え、64ビット版Windowsをネイティブでサポートした。大容量のファイルやイメージを編集するときに、多くのシステムメモリを使用できるので動作が速くなるという。

 通常版のほか、特別優待版(4万7040円)、アカデミック版(2万6040円)、アップグレード版(2万6040円)を用意する(特別優待版とアカデミック版はパッケージ版のみ)。対応OSはWindows 8/7/Vista/XP(32ビット版のみ)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.