ニュース
» 2012年08月23日 13時04分 UPDATE

日本HP、超小型筐体採用のゼロクライアント端末「HP t410 Smart Zero Client」

日本ヒューレット・パッカードは、画像処理用DSPチップの搭載により描画能力を高めた小型ゼロクライアント端末「HP t410 Smart Zero Client」を発表した。

[ITmedia]
photo HP t410 Smart Zero Client

 日本ヒューレット・パッカードは8月23日、小型ゼロクライアント端末「HP t410 Smart Zero Client」を発表、本日より販売を開始する。価格は通常モデルが2万6040円、Teradici PCoIP対応モデルが3万1290円(ともに税込み)。

 HP t410 Smart Zero Clientは、本体サイズ148(幅)×185(奥行き)×32(高さ)ミリの超小型筐体を採用したゼロクライアント端末。画面処理用のDSPチップを搭載したことでパフォーマンスを向上させたほか、映像出力としてアナログD-Sub/DisplayPortの2画面出力も可能となっている。

 また、新たに開発した仮想環境向けのネットワーク改善ソフト「HP Velocity」を標準で導入しているのも特徴だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう