ニュース
» 2012年10月01日 14時00分 UPDATE

2012年PC秋冬モデル:新色“レッド”が映えるオールインワンモバイル――「VAIO S」

光学ドライブ搭載の薄型軽量モバイルノートPC「VAIO S」は、店頭モデルのラインアップを集約しつつ、CPUやHDDを強化。直販モデルは新色を追加した。

[池田憲弘,ITmedia]

デザインは前モデルより継承、CPUやHDDを強化

photo VAIO Sの15.5型ワイドモデル。写真のボディカラーは直販モデル限定のホワイトだ

 光学ドライブを内蔵した薄型軽量モバイルノートPC「VAIO S」の2012年秋冬モデルは、基本仕様を夏モデルより継承しつつ、OSをWindows 8に移行、CPUやHDD容量も強化した。同時に店頭モデルのラインアップを絞り込んでいる。

 ラインアップは従来同様、15.5型ワイド液晶ディスプレイ搭載の「Sシリーズ15」、13.3型ワイド液晶搭載の「Sシリーズ13」、13.3型ワイド液晶搭載の直販限定プレミアムモデル「Sシリーズ13P」を用意。店頭モデルとしては、Sシリーズ15の「SVS15129CJB・S」とSシリーズ13の「SVS13129CJB・S・P」を発売する。発売日は2012年10月26日で、価格はオープン。実売価格はSVS15129CJが16万円前後、SVS13128CJが13万円前後となる見込みだ。

 どちらの製品もOSは64ビット版Windows 8で、Office Home and Business 2010とPhotoshop Elements 10のほか、動画/音楽編集ソフトのImagination Studio Suiteをプリインストールする。

 SVS15129CJB・Sの主な仕様は、CPUがクアッドコアのCore i7-3632QM(2.2GHz/最大3.2GHz)、チップセットがIntel HM77 Express、メモリが4Gバイト(4Gバイトオンボード、空きDDR3L SO-DIMMスロット×1/最大12Gバイト)、ストレージが750GバイトHDD(5400rpm)、光学ドライブはBDXL対応Blu-ray Discドライブだ。

 15.5型ワイド液晶の解像度は1920×1080ドットで、グラフィックスはGeForce GT 640M LE(グラフィックスメモリ1Gバイト)と、CPU統合のIntel HD Graphics 4000のハイブリット構成を採用。本体の「パフォーマンス・スイッチ」から、使用するGPUと省電力設定を切り替えられる。

 インタフェースは、USB 3.0が2基と電源オフ時の給電に対応するUSB 2.0が1基、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力、有効131万画素の“Exmor for PC”CMOSセンサー搭載HD Webカメラなどを備える。ネットワーク機能はギガビットLAN、IEEE802.11b/g/n準拠無線LAN、Bluetooth 4.0+HSを利用可能だ。カードスロットは、メモリースティックPRO-HGやメモリースティックデュオなどに対応するメモリースティック用スロットと、SDXC対応SDメモリーカードスロットの2種類を用意する。

 2012年夏モデルからの主な変更点(OSを除く)は、CPUをCore i7-3612QM(2.1GHz/最大3.1GHz)からCore i7-3632QM(2.2GHz/最大3.2GHz)に強化し、Blu-ray DiscドライブがBDXLに対応した。一方でWiMAXモジュールは省かれている。

 バッテリー動作時間は約7時間。本体サイズは380(幅)×255.4(奥行き)×23.9(高さ)ミリで、重さは約2キロ(バッテリー含む)。カラーバリエーションはブラックとシルバーの2色展開だ。

photophoto 15.5型ワイドモデルの店頭モデルはブラック(写真=左)とシルバー(写真=右)の2色展開だ

13.3型ワイドモデルは店頭向けのラインアップを集約

 13.3型ワイドモデルのSVS13129CJB・S・Pは、2012年夏モデル「SVS13118FJB・S・P」の後継機種となる。夏モデルではCPUにCore i7を搭載する上位機種を用意していたが、秋冬モデルでは店頭モデルから省かれた。夏モデルからの主な変更点はOSのほか、搭載するHDDの容量が640Gバイトから750Gバイトに増量したことが挙げられる。

 SVS13129CJB・S・Pの主な仕様は、デュアルコアCPUのCore i5-3210M(2.5GHz/最大3.1GHz)、4Gバイトメモリ(4Gバイトオンボード、空きDDR3L SO-DIMMスロット×1/最大12Gバイト)、DVDスーパーマルチドライブ、1366×768ドット表示の13.3型ワイド液晶など。グラフィックスはCPU統合のIntel HD Graphics 4000を利用する。インタフェースは、15型ワイドモデルとほぼ同様だが、マイク入力がなく、ヘッドフォン/マイク共用端子となっている。また、13.3型ワイドモデルはIEEE802.16e-2005対応のWiMAXモジュールを引き続き内蔵する。

 バッテリー動作時間は約9時間だ。本体サイズは331(幅)×224.6(奥行き)×23.9(高さ)ミリで、重さは約1.72キロ(バッテリー含む)。カラーバリエーションは、ブラック、シルバー、ピンクの3種類を用意する。

photophotophoto カラーバリエーションはブラック(写真=左)、シルバー(写真=中央)、ピンク(写真=右)の3色

直販モデルは13.3型ワイドモデルに新色“レッド”を追加

 ソニーストア直販のVAIOオーナーメードモデルでは、Sシリーズ13の秋冬モデル「SVS1312AJ」に新色としてレッドを追加。従来通り、直販限定カラーとしてはホワイトも用意する。メッセージ刻印サービス、CPU、メモリ容量、ストレージのカスタマイズにも対応し、Core i7-3520M(2.9GHz/最大3.6GHz)、12Gバイトメモリ、1TバイトHDDなどを搭載できる。OSはWindows 7 Proも選択可能だ。

 さらに13型ワイドモデルは、カーボン天板とヘアライン加工のアルミニウム製パームレストを採用したプレミアムデザインのSシリーズ13Pもラインアップ。秋冬モデルの「SVS13A2AJ」では、1600×900ドット表示の13.3型ワイド液晶を採用し、SSD RAID(128G/256G/512Gバイト)も選べるなど、よりハイスペックな構成が可能だ。

photophoto Sシリーズ13のVAIOオーナーメードモデル「SVS1312AJ」では、店頭モデルのブラック、シルバー、ピンクのほかに、ホワイトや新色のレッド(写真=左)を選択できる。直販限定となるプレミアムデザインのSシリーズ13Pはブラック、ゴールド(写真=右)、ガンメタリックを用意。プレミアムデザインは背面にあるVAIOロゴの色が通常モデルと異なる
VAIO S店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO S (15) SVS15129CJB・S (2色) 2スピンドル CPU強化、BDXL対応、Win 8採用 Core i7-3632QM (2.2GHz/最大3.2GHz) 4GB (DDR3L) 750GB 64ビット版 Windows 8 16万円前後
VAIO S (13) SVS13129CJB・S・P (3色) 2スピンドル HDD強化、Win 8採用 Core i5-3210M (2.5GHz/最大3.1GHz) 4GB (DDR3L) 750GB 64ビット版 Windows 8 13万円前後
VAIO S店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO S (15) SVS15129CJB・S (2色) 15.5型ワイド 1920×1080 Intel HM77 BDXL対応Blu-ray Disc GeForce GT 640M LE/CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約2キロ
VAIO S (13) SVS13129CJB・S・P (3色) 13.3型ワイド 1366×768 Intel HM76 DVDスーパーマルチ CPU統合 (HD 4000) Office Home and Business 2010 約1.72キロ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.