ニュース
» 2012年10月12日 13時06分 UPDATE

Razer、ゲーミングキーボード「BlackWidow 2013」など2製品の日本語配列版を発売

MSYは、Razer製ゲーミングキーボード「BlackWidow 2013」「BlackWidow Ultimate 2013」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 MSYは10月12日、Razer製ゲーミングキーボード「BlackWidow 2013」「BlackWidow Ultimate 2013」の取り扱いを発表、10月26日に販売を開始する。価格はBlackWidow 2013が9980円、BlackWidow Ultimate 2013が1万4980円(税込み)。

photophoto BlackWidow 2013(左)、BlackWidow Ultimate 2013(右)

 2製品はともにUSB接続に対応したゲーミング向けキーボードで、ともにCherryブランド製の“MX Blue”メカニカルスイッチを採用。キー配列はともにテンキー付きの日本語配列(かな表記なし)を採用したほか、マクロキー5個も利用可能だ。また上位のBlackWidow Ultimateはバックライト機能も内蔵している。

 ともに10キーロールオーバーに対応。またオーディオ入出力も搭載している。本体サイズおよび重量は、約475(幅)×171(奥行き)×20(高さ)ミリ/約1.5キロ。対応OSはWindows XP/Vista/7。


photo Timat 7.1

 またMSYは、Razer製の7.1ch対応ヘッドセット「Timat 7.1」を10月26日に発売する。価格は1万8800円(税込み)。

 Timat 7.1は、計10個のドライバユニットを内蔵し7.1chサラウンドを実現したヘッドセット。手元で操作できるコントロールユニットも付属しており、7.1ch/2.1chの切り替えや各サラウンドチャンネルの音量調節、スピーカーへの出力切り替えなどを行える。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう