ニュース
» 2012年10月12日 16時00分 UPDATE

2012年PC秋冬モデル:ラインアップを集約し、Trinity搭載機を投入――日本HPのノートPC秋冬モデル

日本HPが個人向けノートPCの2012年秋冬モデルを発表した。既存のモデルは、ブランド名の整理に伴い、ラインアップを集約しつつ、AMDの新APUを搭載する機種を投入した。

[池田憲弘,ITmedia]

低価格な“Trinity”搭載機が登場、3万円台から

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月12日、個人向けノートPCの2012年秋冬モデルを発表した。秋冬モデルではブランド名を整理し、「Pavilion」はシンプルなエントリー機、「ENVY」はBeats Audioやタッチ対応などの高性能なミドルレンジ機、その上位となる「Spectre」は、先進的なコンセプトを持つプレミアム製品と定められた。

 ノートPCの秋冬モデルは、「HP ENVY TouchSmart Ultrabook 4」、「HP Pavilion Ultrabook 14」といったUltrabookを拡充する一方で、「HP Pavilion dv」シリーズなどの既存製品は、OSが64ビット版のWindows 8となったほかは、CPUやHDD容量を底上げした小幅なアップグレードが中心となる。

 17.3型ワイド液晶を搭載する「HP ENVY dv7-7200」と15.6型ワイド液晶を搭載する「HP ENVY dv6-7200」はそれぞれ「HP Pavilion dv7-7000」「HP Pavilion dv6-7000」の後継機種だ。ブランド整理に伴い、夏モデルから名称を変更となった。同社直販サイト“HP Directplus”限定で量販店モデルは用意されない。

photophoto HP ENVY dv7-7200(写真=左)とHP ENVY dv6-7200(写真=右)。HP ENVY dv6-7200はTrinity世代のAPUを搭載するAMDモデルを追加した

 HP ENVY dv6-7200は、プロセッサにAMDのA4-4300MやA8-4500Mを選べるAMDモデルを追加。インテルモデルについては、第3世代CoreのCore i3-3120M(2.5GHz)搭載モデルを追加し、Core i7-3630QM(2.4GHz、最大3.4GHz)を選択できるようになった。HP ENVY dv7-7200もCPUのカスタマイズメニューにCore i7-3630QM(2.4GHz、最大3.4GHz)が追加された。

 いずれも2012年11月中旬に発売予定で、最小構成時の価格はHP ENVY dv7-7200が6万4680円、HP ENVY dv6-7200のインテルモデルが4万9980円、AMDモデルが4万5990円となる。

 「HP Pavilion g6-2200」は15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載するモデルで、「HP Pavilion g6-2000」の後継機種となる。出荷開始日は2012年10月26日で、10月12日から予約販売を行う。

 今回の新モデルでは、プロセッサにTrinity世代のAPU「A4-4300M」を搭載するAMDモデルを追加した。プロセッサ以外の主なスペックは、500GバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Radeon HD 7420G(APU統合)など。メモリは2Gバイト〜6Gバイトを選べる。本体サイズは378(幅)×244(奥行き)×31(高さ)ミリで、重量は約2.4キロ。ボディカラーはリネンホワイトだ。直販モデルのみで、量販店モデルは用意されない。最小構成価格は3万5910円だ。

 一方、量販店モデルとなるインテルモデルは、CPUにCore i5-3210M(2.5GHz/最大3.1GHz)を搭載するスタンダードモデルを追加した。そのほかの主なスペックは、Intel HD Graphics 4000(CPU統合)、4Gバイトメモリ(4Gバイト×1/PC3-12800)、500GバイトHDD(5400rpm)、DVDスーパーマルチドライブなど。

 上位となるパフォーマンスモデルの仕様は従来機と同様だが、オフィスソフトがKINGSOFT Office 2012となった(下位モデルにも付属)。カラーバリエーションはスパークリングブラック、リネンホワイト、プルシアンブルーの3色となる。想定実売価格はスタンダードモデルが7万円前後、パフォーマンスモデルが9万円前後だ。

photophotophoto HP Pavilion g6-2200もTrinity世代のAPUを搭載するAMDモデルを追加。AMDモデルのカラーはリネンホワイトのみ(写真=左)。インテルモデルはこれにスパークリングブラック(写真=中央)と、プルシアンブルー(写真=右)を加えた3色展開となる

プレミアムモデル「Spectre」は11月中旬に発売

 13.3型のUltrabook「HP SpectreXT 13-2100」は「HP ENVY SpectreXT 13-2000」の後継機種だ。ブランド整理に伴い“ENVY”が名称から省かれた。OSがWindows 8となったこと以外は、従来モデルから構成の変更はない。直販モデルは2012年11月中旬に発売予定で、最小構成時の価格は10万9830円。量販店モデルは2012年11月下旬に発売する。実売価格は10万円前後となる見込みだ。

 また、AMDのAPUを搭載する11.6型ノート「HP Pavilion dm1-4300」は「HP Pavilion dm1-4200」の後継機種で、HDDの容量を640Gバイトから750Gバイトに増量した。上位モデルに付属する光学ドライブが、DVDスーパーマルチからDVD-ROMとなったが、そのほかの構成は従来モデルと共通だ。同社直販サイト“HP Directplus”での最小構成時の価格は3万5910円。2012年11月上旬に発売する。量販店モデルは用意されない。

photophoto HP SpectreXT 13-2100(写真=左)とHP Pavilion dm1-4300(写真=右)は従来モデルと仕様がほぼ変わらない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.