ニュース
» 2012年10月18日 14時00分 公開

2012年PC秋冬モデル:新デザインで薄く、軽くなった15.6型スタンダードノート――「IdeaPad Z500」

15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載するスタンダードノートPC「IdeaPad Z500」は、従来モデルからデザインを変え、手前側を絞り込むくさび形の新フォルムを採用した。

[池田憲弘,ITmedia]

7.5ミリの薄型化、450グラムの軽量化を実現

 レノボのIdeaPad Z500は、夏モデルの「IdeaPad Z580」の後継機種となる、15.6型サイズのスタンダードノートPCだ。新モデルでは、前方に向かって薄くなるくさび形フォルムを採用し、従来モデルよりも薄く、軽いボディとなった。

 本体サイズは約375(幅)×263(奥行き)×25.4(高さ)ミリで、重量は約2.2キロ。従来モデルと比較すると(370(幅)×250(奥行き)×32.9(高さ)ミリ、約2.65キロ)、と幅と奥行きは若干増えたものの、約7.5ミリの薄型化、450グラムの軽量化を実現している。

photophoto 「IdeaPad Z500」(写真=左)は本体手前が薄いくさび形のデザインを採用し、従来モデルの「IdeaPad Z580」(写真=右)よりも7.5ミリ薄くなった

 主なスペックについては、従来モデルとほぼ共通だ。Core i5-3210M(2.5GHz/最大3.1GHz)とIntel HM76 Expressチップセットを組み合わせた基本システムに、4Gバイトメモリ(4Gバイト×1、最大8Gバイト)、500GバイトHDD(5400rpm)、DVDスーパーマルチドライブを搭載し、グラフィックスはCPU統合のIntel HD Graphics 4000を利用する。

 インタフェースは、USB 3.0×1、USB 2.0×2、100BASE-TXの有線LAN、HDMI出力、アナログRGB出力、音声入出力、SDメモリーカード/MMC用スロット、HD対応Webカメラなどを備える。無線通信機能はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0を利用可能だ。

 OSは64ビット版Windows 8をプリインストールする。バッテリーは4セル式で、動作時間は約6.8時間と従来モデル(約4.1時間)の1.5倍以上に伸びた。カラーバリエーションは、ダークチョコレートとエナメルホワイトの2色。ダークチョコレートは2012年11月中旬に出荷開始、エナメルホワイトは11月下旬に出荷を開始する。価格はオープンで、想定実売価格は6万5000円前後。

photophoto 「IdeaPad Z500」のカラーバリエーションはエナメルホワイト(写真=左)とダークチョコレート(写真=右)の2色。カラーによって出荷時期が若干異なる
IdeaPad Z500店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
IdeaPad Z500 593192J(ダークチョコレート)、593193J(エナメルホワイト) 大画面2スピンドルノート 新シリーズ Core i5-3210M(2.5GHz/最大3.1GHz) 4GB (DDR3) 500GB HDD 64ビット版 8 6万5000円前後
IdeaPad Z500店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
IdeaPad Z500 593192J(ダークチョコレート)、593193J(エナメルホワイト) 15.6型ワイド 1366×768ドット Intel HM76 DVDスーパーマルチ CPU統合 ─/─ 約2.2キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう