レビュー
» 2012年10月23日 00時00分 UPDATE

女子力向上Ultrabook:大人カワイイ! この秋注目のおしゃれノート「Floral Kiss」

秋のおしゃれ女子は「Floral Kiss」に注目! 艶やかなボディがエレガントでスウィート。この時期にぴったりなラグジュアリーブラウンで、ノートパソコンから衣替えしてみて!(※これはPC USERの記事です)

[後藤治(撮影:矢野渉,ITmedia]

コンセプトは「PCに、エレガンスを」

og_floralkiss_001.jpg 「Floral Kiss」(FMV LIFEBOOK CH55/J)

 富士通が2012年PC秋冬モデルとして発表した「Floral Kiss」(FMV LIFEBOOK CH55/J)は、おしゃれに敏感な女子のために、女性が企画・デザインした13.3型Ultrabookだ。担当者が「女性目線にこだわった」と自信を持って語るFloral Kissの特徴を写真で細かく見ていこう。

 Floral Kissは、エレガントホワイト(FMVC55JW)、ラグジュアリーブラウン(FMVC55JBR)、フェミニンピンク(FMVC55JPK)という3色のカラーバリエーションを用意している。いずれも光沢感のあるボディにラメをちりばめたグラデーションカラーで、光の加減で透明感を増したり、目を近づけるとキラキラと光っているのが分かる。

og_floralkiss_002.jpgog_floralkiss_003.jpg 今回はラグジュアリーブラウンのモデル(FMVC55JBR)に注目した。ボディは光沢感があり、光の加減でグラデーションする

og_tuika001.jpgog_tuika002.jpg カラーバリエーションはホワイト、ピンク、ブラウンの3色

og_floralkiss_004.jpgog_floralkiss_005.jpg 1366×768ドット表示対応の13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載。上部に有効画素数約92万画素のHD Webカメラを内蔵する(写真=左)。日本語86キーボードは、キーピッチは19ミリ、キーストローク1ミリ。キータッチはやや浅い(写真=右)

og_tuika003.jpgog_tuika004.jpg 本体前面/背面。インタフェースは用意されていない。側面は鏡面加工のシルバーで縁取りされている

og_tuika005.jpgog_tuika006.jpg 本体左側面/右側面。両側面にUSB 3.0を振り分けており、左側面のUSB 3.0は電源オフUSB充電機能付き。右側面はSDメモリーカードスロットとヘッドフォン入力がある。よく見ると排気スリットが花柄になっているのが分かる

og_tuika010.jpgog_tuika011.jpg 本体天面にはFMVでおなじみのインフィニティマーク(∞)がなく、実にシンプルなデザイン(写真=左)。液晶ディスプレイの角度はかなり開く(写真=右)

 Floral Kissの見どころは、「女性向け=単なるカラバリ」ではなく、細部まで作り込んだデザインにある。今回の撮影ではよくありがちなピンクではなく、大人らしい印象のラグジュアリーブラウンを選んだが、それでも男性が持つのにためらいを覚える雰囲気があり、「なるほど、女性“専用”だなー」と感じる部分が多かった。

 例えば、FUJITSUロゴのそばに埋め込まれたクリスタルや、ダイヤモンドカットの電源/Caps LockステータスLED、パール調の電源ボタンなど、宝石を連想させるアクセントが多用されている。製品に付属するマウスも同様で、ダイヤモンドカットストーンを配したデザインは、PC用機器というよりも何かおしゃれな小物や雑貨のようだ。

og_floralkiss_006.jpgog_floralkiss_007.jpg 富士通のノートPCは、通常、天板中央に大きくロゴを配しているが、Floral Kissはこれをやめて、ラッチに小さく「FUJISTU」の文字とクリスタルが入っている(写真=左)。パール調の電源ボタンが女性向けの製品であることを主張している(写真=右)

og_tuika007.jpgog_floralkiss_009.jpg タッチパッドはサラサラした触感のデザインパターンで表現されており、女性の手にあわせた小型の円形マウスも付属する(写真=左)。本体と色をそろえた付属のマウスには、ダイヤモンドカットストーンを埋め込みジュエリー感を演出している(写真=右)

og_floralkiss_008.jpgog_tuika008.jpg ACアダプタの色は清潔感のあるホワイトで、コネクタ部にはこれまたクリスタルが配置されている(写真=左)。ACアダプタはコンパクトにまとまっている(写真=右)

 さらに、ツメの長い女性でも使いやすいように、ディスプレイの開閉部は財布の「がま口」のようなクラッチ形状にし、パール調の電源ボタンはそっと触れるだけで起動するタッチセンサー式を採用するなど、企画段階からユーザーの利用シーンをきちんと考えていたのが見て取れる。普段秋葉原に常駐しているような記者が、Floral Kissのデザインについて女子目線で善し悪しを語るのは不可能だが、実機を触っていてひどくアウェイ感があったのは確かだ。

og_floralkiss_010.jpgog_floralkiss_011.jpg ディスプレイの開閉部はクラッチバック形状を採用。指がかかるので長いツメが傷つきにくい(写真=左)。普段は目につかない底面や側面の吸排気口、スピーカーまで花柄のモチーフでデザインされている。底面にはネジ穴もない。ゴム足もパール調だ(写真=右)

og_floralkiss_012.jpg 透明なキートップのフチをゴールドで囲ったデザイン。キーボードのカナ刻印は省かれている。フォントもほかのFMVとは異なる

 ただ1点、キーボードのデザインは、個人的にとてもすばらしいと感じた。透明なキートップの枠をゴールドリングで囲み、中央にアルファベットのみをプリントしたシンプルなものだが、文字の影がキートップ下の白い部分に落ちて立体感を作り出しているのが面白い。ゴールドのファンクションキーとのコントラストも目を引く。

 「タイピング中に手元をエレガントに見せるデザイン」(製品担当者)かどうかはともかく、これは是非ほかのモデルでも展開してほしい。

 このほか、有名ジュエリーブランド「agete」とのコラボモデルも11月下旬に発売される予定。こちらはブランドカラーのプレシャスバイオレット(FMVC55JAG)を採用し、天面にageteのロゴが入るほか、キートップの刻印が筆記体になり、専用のキャリングバッグやポーチ、壁紙も付属する。

og_floralkiss_013.jpgog_floralkiss_014.jpg ジュエリーブランド「agete」とのコラボモデルはプレシャスバイオレットの限定カラー。キートップの刻印が筆記体に変わり、キーの色もブラウンになる

 最後に基本スペックについて少し触れておくと、CPUがCore i5-3317U(1.7GHz/最大2.6GHz)、メモリが4Gバイト(PC3-12800)、ストレージが500GバイトHDD(5400rpm)+高速処理用キャッシュSSDという構成だ。プリインストールOSは64ビット版Windows 8、オフィススイートはOffice Home and Business 2010を採用する。

 光学ドライブは搭載しないものの、普段使いのメインマシンとして十分な性能を備えるほか、バッテリー駆動時間も約9時間を確保(公称値)。IEEE802.11b/g/nの無線LANモジュールに加えてWiMAXも標準装備しているので、いつもカバンに入れて持ち歩き、カフェや旅行先で使いたい、という用途にも向いている。

 ただ、本体サイズは322(幅)×228.5(奥行き)×17.5(高さ)ミリ、重量は約1.45キロと、14型Ultrabookの「FMV LIFEBOOK UH75/J」とほぼ変わらず、やや厚みがある点には注意したい。

※今回評価したのは先行試作機であり、本体やマウスの塗装、底面の刻印など、製品版とは一部デザインが異なります。
富士通 FMV LIFEBOOK CH

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通富士通