ニュース
» 2012年10月26日 15時47分 UPDATE

GIGABYTE、約6000円のSocket FM2対応microATXマザー「GA-F2A55M-HD2」

CFD販売は、“Trinity”APUの搭載に対応するSocket FM2対応microATXマザーボード「GA-F2A55M-HD2」など2製品の販売を開始する。

[ITmedia]

 CFD販売は10月26日、“Trinity”APUの搭載に対応するSocket FM2対応microATXマザーボード「GA-F2A55M-HD2」、およびLGA1155対応Mini-ITXマザーボード「GA-H61N-D2V」の2製品を発表、10月下旬に出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ5000円前後/6000円前後だ。

photophoto GA-F2A55M-HD2(左)、GA-H61N-D2V(右)

 GA-F2A55M-HD2は、チップセットとしてAMD A55を採用したSocket FM2対応のmicroATXマザーボード。メモリスロットはDDR3スロット2本を装備(最大32Gバイト)。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×1、同 x1×1、PCI×2を利用可能で、「AMD Dual Graphics technology」もサポートする。映像出力はDVI/アナログD-Sub/HDMIを搭載、ほかバックパネルはPS/2×1、USB 2.0×4、ギガビット対応LAN、オーディオ入出力を備えた。

 GA-H61N-D2Vは、チップセットとしてIntel H61を採用したLGA1155対応のMini-ITXマザーボード。レガシーポートを重視した仕様で、メモリはDDR3スロット2本を装備(最大16Gバイト)、拡張スロットはPCI×1を利用できる。映像出力はDVI×1を搭載、バックパネルはPS/2×2、USB 2.0×4、シリアル×1、パラレル×1、ギガビットLAN×1、オーディオ入出力を利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう