ニュース
» 2012年10月31日 14時51分 UPDATE

AOC、“業界最薄”の狭額縁デザインを採用したIPSパネル採用ワイド液晶計3モデル

シネックスインフォテックは、AOCブランド製となるIPSパネル採用21.5型/23型/27型ワイド液晶ディスプレイ計3製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 シネックスインフォテックは、AOCブランド(TPV)製となるIPSパネル採用21.5型/23型/27型ワイド液晶ディスプレイ「i2267Fwh」「i2367Fh」「i2757Fh」の取り扱いを発表、11月上旬に発売する。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ1万4800円/1万7800円/2万7800円だ。

photophoto

 3製品はいずれも1920×1080ドット表示に対応したIPSパネル採用の21.5型/23型/27型ワイド液晶ディスプレイ。狭額縁デザインを実現したモデルで、ベゼル幅は約5.8ミリのスリムデザインとなっている。

 表示スペックは応答速度5ms、輝度250カンデラ/平方メートル。映像入力はアナログD-Sub×1、HDMI×2を装備した。出力2ワット×2のステレオスピーカーを内蔵、本体サイズおよび重量はi2267Fwhが498.3(幅)×120.6×375.6(高さ)ミリ/3.48キロ、i2367Fhが531.4(幅)×120×394(高さ)ミリ/3.75キロ、i2267Fwhが622(幅)×130× 449 (高さ)ミリ/5.7キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう