ニュース
» 2012年11月06日 10時09分 UPDATE

TSUKUMO、Windows 8搭載のコンパクトデスクトップ「Aero Slim」「Aero mini」シリーズ10製品を発売

Project Whiteは、同社製BTOデスクトップPC「Aero Slim」「Aero mini」シリーズの新モデルを発表。Windows 8/8 Proを標準で導入した。

[ITmedia]

 PCショップ「TSUKUMO」を経営するProject Whiteは11月6日、同社製BTOデスクトップPC「Aero Slim」「Aero mini」シリーズの新モデル計10製品を発表、本日より販売を開始する。

 今回のラインアップではいずれも搭載OSを刷新しており、Windows 8 64ビット版導入モデルを8製品、Windows 8 Pro 64ビット版導入モデルを2製品用意した。またBTOカスタマイズによりWindows 7の各エディションも選択可能となっている。

photophoto Aero Slimシリーズ(左)、Aero miniシリーズ(右)

 スリム筐体を採用するAero Slimシリーズには、Celeron G550搭載の「RS1J-A43/E」、Core i3-3220搭載の「RS3J-B43/E」、Core i5-3470搭載の「RS5J-C43/E」、Core i7-3770搭載の「RS5J-D43/E」、Core i7-3770K/Radeon HD 6570搭載の「RS7J-E43/E」、およびAMD A8-5600K搭載の「RS5A-A43/E」の計6製品をラインアップした。標準構成価格は3万7980円〜8万2980円だ(税込み、以下同様)。

 超小型筐体を採用するAero miniシリーズには、、Core i3-3220搭載の「MI3J-A42/E」、Core i5-3470搭載の「MI5J-B42/E」、Core i7-3770搭載の「MI5J-C42/E」、Core i7-3770K搭載の「MI6J-D42/E」の4製品を用意した。標準構成価格は4万7980円〜7万9980円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう