ニュース
» 2012年11月06日 13時31分 UPDATE

日本IBMと東芝、企業向きAndroidタブレット用の不正アプリ防止機能を開発

日本IBMと東芝は、東芝製の企業向けAndroidタブレット端末用となるセキュリティ機能を開発した。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エムと東芝は11月6日、東芝製の企業向けAndroidタブレット端末用となるセキュリティ機能を開発したと発表した。

 今回の新機能は、機能拡張したAndroidプラットフォームと端末管理ソフトとの連動により、企業内のAndroid端末の一元管理を実現。従来のAndriid端末では困難となっていた、許可しないアプリケーションの導入防止機能、および不正アプリケーションの起動禁止/強制消去機能が利用できる。またアプリケーション開発用の通信機能も無効化でき、外部端末からのプログラム書き換えも防止可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう