レビュー
» 2012年11月16日 10時40分 UPDATE

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:聞き分けも楽しい、同じデジタルアンプでもキャラクターがまったく違う2台──上海問屋「DN-82621&DNSB-23792」 (1/2)

音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は、低価格+パワフルなデジタルパワーアンプ2製品をまとめてチェックする。

[野村ケンジ,ITmedia]

上海問屋のデジタルパワーアンプ2モデルを同時にチェック

photo 50ワット×2出力のデジタルパワーアンプ「DN-82621」 価格は7999円

 上海問屋がこのところPCオーディオ製品を矢継ぎ早にリリースしている。今回はその中でもちょっと気になったデスクトップ用で小型サイズのデジタルパワーアンプ2モデルを試聴する。

 選択したのは「DN-82621」と「DNSB-23792」。どちらもデジタル方式のパワーアンプを搭載する小型アンプだが、外観、そしてサウンドのキャラクターがだいぶ異なっていた。

 まずは「DN-82621」から。本体サイズは92(幅)×150(奥行き)×43(高さ)ミリと、デスクトップ向けとしてかなりコンパクトだ。ヘアライン加工されたアルミ筐体、さらに上下をミゾ彫り加工したフロントパネルなど、小さいながらも意外とデザインに凝った部分があり、価格以上の上質さを感じる外観に仕上がっている。

 入力はリアパネルにアナログRCA 1系統、出力は左右スピーカー端子のみとかなりシンプル。フロントパネルに電源スイッチとボリュームつまみを実装する。電源を入れるとボリュームつまみの根元が青く光ることで通電状態を視認できる。

 出力は50ワット×2と、同じくデスクトップで使用するブックシェルフスピーカーと組み合わせるにしては、かなり余裕のあるスペックとなっている。


photophoto 入力は1系統のアナログRCA、出力用スピーカーターミナル端子はバナナプラグ対応。ACアダプタは24ボルト/4アンペア出力だ
photo 25ワット×2出力で2系統入力対応のデジタルパワーアンプ「DNSB-23792」 価格は9999円

 いっぽうの「DNSB-23792」は、中AUNE AUDIO製のモデルのようだ。本体サイズは135(幅)×170(奥行き)×51(高さ)ミリで、前述したDN-82621よりふたまわりほど大きいボディを採用する。

 こちらもデザインにいくらかの主張がうかがえ、アルミ素材の採用と円形のアクセントがなかなかの雰囲気を出している。こちらは入力に2系統のアナログRCAを設けており、大きい分、活用の幅も少し広めである。

 フロントパネルはボリュームつまみと入力切り替えボタンを備え、電源スイッチはリアパネルに配置する。こちら、ボディがさほど大きいわけではないので致命的に扱いにくくはないが、電源スイッチはできればフロントにあってほしいと思う。

 デジタルアンプにはTI製「TPA3121」を採用する。これをBTL(Bridged Transless:1チャンネルにつき2回路)接続することによって、出力25ワット×2のパワーを得ているようだ。こちらもブックシェルフスピーカーを駆動するには十分な出力である。


photophoto 入力は2系統のアナログRCAで、フロントのボタンで入力系統を切り替えられる。ACアダプタは24ボルト/2.5アンペア出力だ

si_pcaudio38-07.jpg

●「DN-82621」を上海問屋で購入する
50ワット×2 コンパクトデジタルスピーカーアンプ

si_pcaudio38-08.jpg

●「DNSB-23792」を上海問屋で購入する
TPA3121搭載25ワット×2 デジタルスピーカーアンプ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.