ニュース
» 2012年11月16日 14時47分 UPDATE

GIGABYTE、実売約1万円のZ77チップセット採用マザー「GA-Z77-HD3」など2製品

CFD販売は、GIGABYTE製となるATXマザーボード「GA-Z77-HD3」など計2製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 CFD販売は11月16日、GIGABYTE製となるATXマザーボード「GA-Z77-HD3」およびmicroATXマザーボード「GA-B75M-D2V」の取り扱いを発表、11月中旬に出荷を開始する。価格はオープン、予想実売価格はGA-Z77-HD3が1万円前後、GA-B75M-D2Vが5500円前後だ。

photophoto GA-Z77-HD3(左)、GA-B75M-D2V(右)

 GA-Z77-HD3は、チップセットとしてIntel Z77を採用したATXマザーボード。mSATAスロットを非搭載とした普及価格帯モデルで、メモリはDDR3スロット4本(最大32Gバイト)を、拡張スロットはPCI Experss 3.0 x16×1、PCI Experss 2.0 x16×1(x4動作)、同 x1×2、PCI×2を装備しCrossFireXをサポートした。映像出力はDVI/アナログD-Sub/HDMIの3系統を搭載、ほかバックパネルインタフェースはPS/2×1、USB 3.0×2、USB 2.0×4、ギガビット対応LANなどを備えている。

 GA-B75M-D2Vは、チップセットとしてIntel B75を採用するエントリークラスのmicroATXマザーボード。メモリはDDR3スロット2本(最大16Gバイト)を、拡張スロットはPCI Experss 3.0 x16×1、PCI Experss 2.0 x1×2を利用できる。映像出力はDVI/アナログD-Subを搭載、バックパネルインタフェースはPS/2×2、USB 3.0×2、USB 2.0×4、ギガビット対応LANなどを備えている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう