ニュース
» 2012年11月27日 11時47分 UPDATE

HighPoint、PCIe x8接続対応の高性能RAIDカード「RocketRAID 4520/4522」

アスクは、米HighPoint製となるSAS/SATA対応RAIDカード「RocketRAID 4520」「同 4522」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 アスクは、米HighPoint製となるSAS/SATA対応RAIDカード「RocketRAID 4520」「RocketRAID 4522」の取り扱いを発表、12月上旬に発売する。価格はオープン、予想実売価格はRocketRAID 4520が6万4000円前後、RocketRAID 4522が8万6000円前後だ。

photophoto RocketRAID 4520(左)、RocketRAID 4522(右)

 2製品はともにPCI Express x8接続に対応したRAIDカード。Marvell製のRAID-on-Chipプロセッサ「88RC9580」を採用したモデルで、キャッシュメモリとしてDDR3 512Mバイトを内蔵した。デバイス側はSAS/SATA 6Gb/sポート8基を備えるほか、別売のSASエキスパンダーポートを用いることで最大128デバイスまでの接続が可能となっている。RAIDレベルはRAID-0/1/5/6/10/50およびJBODをサポートした。

 RocketRAID 4520は内部接続対応モデルで、ストレージコネクタはInternal Mini-SAS(SFF-8087)×2基を装備。RocketRAID 4522は外部接続対応モデルで、コネクタはExternal Mini-SAS(SFF-8080)×2基を利用可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.