ニュース
» 2012年12月10日 14時12分 UPDATE

ユニスター、新鋭メーカー「Asustor」製のNAS計4モデルの取り扱いを開始

ユニスターは、2011年に設立された台湾のNASベンダーとなるAsustor製NASの取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 ユニスターは12月10日、台湾のNASベンダーとなるAsustor製NASの取り扱いを発表、12月14日より「AS6」シリーズ4製品の販売を開始する。

photophotophotophoto 左からAS-602T、AS-604T、AS-606T、AS-608T

 AS6シリーズは、CPUとしてデュアルコアAtom(2.13GHz)を搭載した高機能NASで、HDMI映像出力も標準で搭載。またOSとして、NAS向けのオリジナルOS「ADM(ASUSTOR Data Master)」を導入しており、“軍用レベル”の暗号化機能や遠隔操作機能なども利用できる、としている。別途アプリも導入でき、オープンソースコミュニティを通じた個人レベルでのアプリ開発や投稿も可能だ。

 S3(System Sleep Mode)による瞬間起動もサポート。ラインアップは2ベイモデルの「AS-602T」、4ベイモデルの「AS-604T」、6ベイモデルの「AS-606T」、8ベイモデルの「AS-608T」の4タイプを用意した。予想実売価格はそれぞれ6万円前後/8万円前後/10万円前後/12万円前後だ。

関連キーワード

NAS | ベンダー | ユニスター | 暗号化 | HDMI


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.