ニュース
» 2012年12月11日 12時22分 UPDATE

Razer、可変式マウス「Ouroboros」の国内販売を開始――12月21日

MSYは、米Razer製となる可変式ゲーミングマウス「Ouroboros」およびゲーミングヘッドセット「BlackShark」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 MSYは12月11日、米Razer製ゲーミングマウス「Ouroboros」、およびゲーミングヘッドセット「BlackShark」の取り扱いを発表、12月21日に販売を開始する。価格はそれぞれ1万4400円/1万3200円だ(税込み)。

photophotophoto Ouroboros(左/中)、BlackShark(右)

 Ouroborosは、左右対称型デザインを採用したゲーミングマウス。本体サイズのカスタマイズ機能を搭載しており、奥行きサイズの延長やパームレスト角を調整できるほか付属ユニットの付け替えで側面形状の変更も行える。

 そのほかの基本仕様も7月発表時点のものと同様で、センサー解像度は8200dpiで、最大化速度は50G。ボタンは計11ボタンを装備、いずれも任意にキー割り当てが可能だ。PCとの接続は有線/無線に両対応。本体サイズは71(幅)×116〜136(奥行き)×42(高さ)ミリ、重量は115グラム(電池含まず)。


 BlackSharkは汎用タイプのゲーミングヘッドセットで、軍用ヘッドセットをイメージした遮音性の高い密閉型デザインを採用した。またマイクブームは着脱が可能となっている。再生周波数帯域は20Hz〜20kHz。接続インタフェースは3.5ミリオーディオ+マイク混合ジャック接続に対応するほか、オーディオ/マイク分岐ケーブルも付属している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう